モビリティの進化が未来を変える

社会

EV普及のトリガーとは? ”環境に良い”だけでは人は動かない 画像
ビジネス

EV普及のトリガーとは? ”環境に良い”だけでは人は動かない

EV普及のトリガーは、「いかにユーザーに実利をもたらすか?」であり、今回は太陽光発電システムをベンチマーキングし、「環境価値の可視化」「金融スキームの構築」という2つの観点から、国内市場におけるEV普及のポイントについて考察した

【ベンガルール通信 その5】 「有料化」の動機と背景 画像
社会

【ベンガルール通信 その5】 「有料化」の動機と背景

南インドよりナマスカーラ!

先端技術を使って交通運輸を強靭化 技術開発を国交省が公募 画像
社会

先端技術を使って交通運輸を強靭化 技術開発を国交省が公募

国土交通省は4月26日、交通運輸分野の政策課題の解決に向け、交通運輸技術開発推進制度の2021年度新規研究課題を公募すると発表した。

多様なニーズに応える道路…国交省がガイドライン案を検討へ 画像
社会

多様なニーズに応える道路…国交省がガイドライン案を検討へ

国土交通省は4月23日、「多様なニーズに応える道路空間のあり方に関する検討会」を4月27日に開催して多様なニーズに応える道路のガイドライン案について議論すると発表した。

交通反則金の支払い、ネットバンキングでもOKに 画像
社会

交通反則金の支払い、ネットバンキングでもOKに

警察庁は4月24日、交通反則金の支払いをネットバンキングやATMを利用した振込納付を可能にするため、関係法令を改正すると発表した。

道の駅「奥永源寺渓流の里」で自動運転サービスを本格導入へ…中山間地域における生活の足 画像
社会

道の駅「奥永源寺渓流の里」で自動運転サービスを本格導入へ…中山間地域における生活の足

国土交通省は4月16日、中山間地域における道の駅などを拠点とした自動運転サービスとして道の駅「奥永源寺渓流の里」で4月23日からスタートすると発表した。全国2カ所目の本格導入で、路車協調の自動運転システムとなる。

『セグウェイ』の運転、普通免許でOK…国家戦略特区での特定作業 警察庁 画像
社会

『セグウェイ』の運転、普通免許でOK…国家戦略特区での特定作業 警察庁

警察庁は4月16日、内閣総理大臣が指定する特殊な構造を持つ自動車に搭乗型移動支援ロボットに一部追加し、国家戦略特別機域内で一部作業について『セグウェイ』を普通運転免許で公道での運転が可能にすると発表した。

エクサウィザーズとデロイトトーマツがスマートシティ分野における実証プロジェクトで協業へ 構想立案からAI開発・実装まで支援 画像
社会

エクサウィザーズとデロイトトーマツがスマートシティ分野における実証プロジェクトで協業へ 構想立案からAI開発・実装まで支援

AIを活用したサービスを手掛ける株式会社エクサウィザーズとデロイトトーマツコンサルティング合同会社は、スマートシティ分野の実証プロジェクトで協業し、地方自治体や関連企業への支援サービスの提供を始める。

脱炭素社会に向けた電動化対応や交通・物流施策を検討 国交省 画像
社会

脱炭素社会に向けた電動化対応や交通・物流施策を検討 国交省

国土交通省は4月13日、自動車電動化対応や交通・物流、インフラ関係の脱炭素の取り組みを検討するため、4月16日に会資本整備審議会・交通政策審議会の環境部会・技術部会合同WGを開催すると発表した。

グリーン成長戦略改定に向けて、中古車業界や輸入車業界にヒアリングへ 経産省と国交省 画像
社会

グリーン成長戦略改定に向けて、中古車業界や輸入車業界にヒアリングへ 経産省と国交省

経済産業省と国土交通省は4月14日、自動車・蓄電池産業分野のグリーン成長戦略改定に向けて、関係業界からヒアリングを行うため、4月16日にカーボンニュートラルに向けた自動車政策検討会を開催すると発表した。

データサイエンス手掛けるDATAFLUCT、官公庁向けGIS活用ソリューション展開のドーンと、防犯領域事業展開に向け相互協力 画像
ビジネス

データサイエンス手掛けるDATAFLUCT、官公庁向けGIS活用ソリューション展開のドーンと、防犯領域事業展開に向け相互協力

データサイエンスを手掛ける株式会社DATAFLUCTが、官公庁や自治体向けのGISなどの空間情報技術活用ソリューションを展開する株式会社ドーンと共同で、GovTech(ガブテック)事業を強化し、特に「防犯」領域での事業展開に向け相互協力を行うことに合意した。

浜松市が一般社団法人スマートシティ・インスティテュート理事・南雲 岳彦 氏をフェローとして委嘱 画像
ビジネス

浜松市が一般社団法人スマートシティ・インスティテュート理事・南雲 岳彦 氏をフェローとして委嘱

浜松市は、一般社団法人スマートシティ・インスティテュート理事・南雲 岳彦 氏を同市フェローに委嘱した。

ICTを活用して歩行者移動支援、2021年度の取り組みを検討 国交省 画像
社会

ICTを活用して歩行者移動支援、2021年度の取り組みを検討 国交省

国土交通省は4月9日、「ICTを活用した歩行者移動支援の普及促進検討委員会」を4月15日に開催してバリアフリーに関する情報の整備・活用促進を目指して2021年度に取り組む内容について検討すると発表した。

国交省、対歩行者自動ブレーキとペダル踏み間違い防止機能を性能を認定…ロゴマークも作成 画像
社会

国交省、対歩行者自動ブレーキとペダル踏み間違い防止機能を性能を認定…ロゴマークも作成

国土交通省は4月9日、乗用車の先進安全技術として、8社255型式の対歩行者衝突被害軽減ブレーキ、8社256型式のペダル踏み間違い急発進抑制装置を認定したと発表した。

バスタプロジェクトを全国展開へ 国交省が「交通拠点の機能強化ガイドライン」を策定 画像
社会

バスタプロジェクトを全国展開へ 国交省が「交通拠点の機能強化ガイドライン」を策定

国土交通省は4月8日、「交通拠点の機能強化に関する計画ガイドライン」を策定し、バスタプロジェクトの全国展開を開始すると発表した。

道路に関する新たな取り組み、民間のアイデアを活用へ 国交省が募集 画像
社会

道路に関する新たな取り組み、民間のアイデアを活用へ 国交省が募集

国土交通省は4月7日、2021年度から道路に関する新たな取り組みに民間のアイデアを活用した実証実験を実施すると発表した。

赤羽国交相、自動運転レベル3実現に向けた法整備を海外にアピール 画像
社会

赤羽国交相、自動運転レベル3実現に向けた法整備を海外にアピール

赤羽一嘉国土交通大臣は4月7日、世界経済フォーラム傘下のイノベーションの社会実装に関する国際会議に出席し、IoT、AIやビッグデータを活用したスマートシティ・スマートモビリティに関する日本の事例を紹介し、ポスト・コロナにおける経済成長について議論した。

EVの駐車料金が無料…国立公園10カ所と国民公園2カ所 画像
社会

EVの駐車料金が無料…国立公園10カ所と国民公園2カ所

環境省は3月23日、2021年4月1日から国立公園10カ所と国民公園2カ所の有料駐車場で、電気自動車(EV)と燃料電池自動車(FCV)の駐車料金を順次、無料化すると発表した。

ブリヂストン、欧州全事業拠点の使用電力を100%再生可能エネルギー化 画像
社会

ブリヂストン、欧州全事業拠点の使用電力を100%再生可能エネルギー化

ブリヂストンは、欧州グループ会社であるブリヂストン ヨーロッパ(BSEMIA)にて全事業拠点で使用電力の100%再生可能エネルギー化を達成したと発表した。

「映像エッジAI」を手掛ける「EDGEMATRIX」が、約10億円を新規に調達 新機種・機能開発とスマートシティ/ビルディング、社会インフラ、海外市場に向けた展開へ 画像
ビジネス

「映像エッジAI」を手掛ける「EDGEMATRIX」が、約10億円を新規に調達 新機種・機能開発とスマートシティ/ビルディング、社会インフラ、海外市場に向けた展開へ

EDGEMATRIX(エッジマトリクス)株式会社は、株式会社NTTドコモ、清水建設株式会社、SONY INNOVATION FUND、株式会社DGベンチャーズの4社から、第三者割当増資により約10億円を資金調達した。

最新ニュースをもっと見る

トピックス

もっと見る

トピックスをもっと見る