モビリティの進化が未来を変える

社会「その他」の記事一覧

70歳以上の親を持つ子どもたち、8割以上が「免許を返納してほしい」 画像
その他

70歳以上の親を持つ子どもたち、8割以上が「免許を返納してほしい」

廃車の買取りサイト「ハイシャル」を運営するユニオンエタニティは、免許返納に関するアンケート調査を実施。高齢の親に免許を返納してほしいと思う人、高齢になったら自分自身も返納したいと考える人がともに8割を超える結果となった。

スズキと浜松医科大、高齢ドライバーの運転と認知機能の関係性について実証事業を開始 画像
その他

スズキと浜松医科大、高齢ドライバーの運転と認知機能の関係性について実証事業を開始

スズキと浜松医科大学は9月13日、静岡県浜松市と協働し、「高齢ドライバーにおける日常の運転行動特性と認知機能の関係性:前向きコホート研究」を開始すると発表した。

スマートドライブとパナソニック、物流向け運行管理サービス「ETC2.0 Fleetサービス」開始 画像
企業

スマートドライブとパナソニック、物流向け運行管理サービス「ETC2.0 Fleetサービス」開始

株式会社スマートドライブは、パナソニック株式会社と共同で、物流車両を利用する企業向けにETC2.0システムを活用した運行管理サービス「ETC2.0 Fleetサービス」の提供を始めた。

東京2020選手村で事故、自動運転技術のリテラシーが問われる[論点整理] 画像
その他

東京2020選手村で事故、自動運転技術のリテラシーが問われる[論点整理]

事故原因や分析については、新聞から業界誌、個人ブログまであらゆるところでされている。それぞれの持っている情報や立場もあり、議論百出の感がある。それらの論点を主に技術的観点から整理してみた。

お盆期間の高速道路における平均日交通量、コロナ前と比べて62%に減少 画像
その他

お盆期間の高速道路における平均日交通量、コロナ前と比べて62%に減少

高速道路各社が発表した「お盆期間中(8月6日から16日)の高速道路の交通状況(速報)【全国版】」によると、お盆期間の平均日交通量は2万9400台と、コロナ禍前の2019年と比べ62%に減少した。10km以上の渋滞回数は82回で、2019年との比較では83%減だった。

住友三井オートサービスと中国電力など5社、EVソリューションサービスで業務提携 画像
企業

住友三井オートサービスと中国電力など5社、EVソリューションサービスで業務提携

住友三井オートサービス(SMAS)、中国電力、エネルギアL&Bパートナーズ、REXEVおよびSMAサポートの5社は、EVソリューションサービス「eeV」の提供に向け、業務提携すると発表した。

モバイル型ロボット「RoBoHoN」で運転支援、同乗者効果で事故削減へ 画像
企業

モバイル型ロボット「RoBoHoN」で運転支援、同乗者効果で事故削減へ

シャープのモバイル型ロボット「RoBoHoN(ロボホン)」を活用したドライバエージェントシステムによる運転行動改善効果を検証する実証実験を、8月30日から始める。

コロナ禍で都内のタクシー利用が増加、利便性に加え感染対策も理由 画像
その他

コロナ禍で都内のタクシー利用が増加、利便性に加え感染対策も理由

都内最大級のタクシーモビリティメディア「GROWTH」を運営するニューステクノロジーは、「タクシー利用者に関するアンケート調査」を実施。タクシーの利用が増加・長距離利用の傾向になるなど、ニューノーマルな時代に合わせた利用実態が浮き彫りとなった。

衝突被害軽減ブレーキの対象に自転車 国交省が義務化へ 画像
政策

衝突被害軽減ブレーキの対象に自転車 国交省が義務化へ

国土交通省は7月20日、乗用車などに自転車を対象とする衝突被害軽減ブレーキの装備を義務付ける。

神奈川県で「介護タクシー業界を変革するヘルスケアMaaS」が採択 画像
MaaSサービス

神奈川県で「介護タクシー業界を変革するヘルスケアMaaS」が採択

神奈川県が募集する、データとデジタル技術を活用して収益を得るビジネスモデルを創出し、社会課題の解決などに取り組む、新たな製品やサービスの開発プロジェクトに、介護タクシー業界を変革するヘルスケアMaaSプロジェクトが採択された。

「関係者専用レーン」いつ決まった?情報の周知方法を考える 画像
その他

「関係者専用レーン」いつ決まった?情報の周知方法を考える

5月にNHK放送文化研究所が発表した国民生活時間調査では、平日に15分以上テレビを見た人は、20代で51%、16~19歳では47%であり、それぞれ5年前の前回に比べ20%前後ほど下がったという。

トヨタモビリティ基金、豊田市の「ジコゼロ大作戦」に参画---先進技術や車両データを活用 画像
その他

トヨタモビリティ基金、豊田市の「ジコゼロ大作戦」に参画---先進技術や車両データを活用

トヨタ・モビリティ基金(TMF)は、豊田市、トヨタ自動車、豊田都市交通研究所とともに、豊田市つながる社会実証推進協議会の取組みとして、交通死亡事故の削減を目指す官民連携事業「ジコゼロ大作戦」を7月30日より開始する。

高速トンネル内で自動ブレーキ誤作動、日野 プロフィア など5万5000台に改善対策 画像
その他

高速トンネル内で自動ブレーキ誤作動、日野 プロフィア など5万5000台に改善対策

日野自動車といすゞ自動車は、日野『プロフィア』『セレガ』およびいすゞ『ガーラ』の衝突被害軽減ブレーキに不具合があるとして、国土交通省に改善対策を届け出た。対象となるのは、2017年6月6日~2020年9月8日に製造された5万5289台。

自動車保険料、2022年から引き下げへ---ADAS普及効果 画像
その他

自動車保険料、2022年から引き下げへ---ADAS普及効果

損害保険料率算出機構は6月30日、自動車保険(任意保険)料金を決める際の基準となる参考純率を平均3.8%引き下げると発表した。2022年から自動車保険料が引き下げられる見通し。

飲酒運転防止装置を標準装備にできない理由はなにか?…千葉県八街市で児童死傷 画像
その他

飲酒運転防止装置を標準装備にできない理由はなにか?…千葉県八街市で児童死傷

飲酒運転による痛ましい事故がまた起きてしまった。対策は多面的・多層的に行う必要があるが、その一方で、衝突被害軽減ブレーキが追突事故を約8割減少させるというメーカーのデータもある。飲酒運転について車両技術で対応できることはないのだろうか。

高齢者の免許返納は7.4%、9割が「勧められていない」と回答…産経新聞調べ 画像
その他

高齢者の免許返納は7.4%、9割が「勧められていない」と回答…産経新聞調べ

産経新聞社は高齢運転者に関する意識調査を実施。免許を返納した高齢者は7.4%にとどまっていることがわかった。

キックボードは「軽車両」に該当せず「歩行者」…グレーゾーンで事業予定者に回答 画像
その他

キックボードは「軽車両」に該当せず「歩行者」…グレーゾーンで事業予定者に回答

経済産業省は6月14日、グレーゾーン解消制度で国家公安員会から、キックボードが道路交通法上での「軽車両」に該当しないとの回答があったと発表した。

【ベンガルール通信 その6】目に映る景色とその「背景」 画像
会員限定

【ベンガルール通信 その6】目に映る景色とその「背景」

2021年6月初旬の本稿執筆時現在、インドは引き続き全土的なロックダウン中。一時は連日、40万人超の新規感染者が報じられ、日本でも大いに話のネタにされていた模様。本気の心配か興味本位か、各所から見舞いの連絡も相次いだ。

【ベンガルール通信 その5】 「有料化」の動機と背景 画像
会員限定

【ベンガルール通信 その5】 「有料化」の動機と背景

南インドよりナマスカーラ!

先端技術を使って交通運輸を強靭化 技術開発を国交省が公募 画像
その他

先端技術を使って交通運輸を強靭化 技術開発を国交省が公募

国土交通省は4月26日、交通運輸分野の政策課題の解決に向け、交通運輸技術開発推進制度の2021年度新規研究課題を公募すると発表した。

  1. 1
  2. 2
Page 1 of 2