モビリティの進化が未来を変える

2021年1月の社会「政策」の記事一覧

モスクワ公共交通のチケットシステムは、年内に新システムに移行完了予定 画像
会員限定

モスクワ公共交通のチケットシステムは、年内に新システムに移行完了予定

モスクワの公共交通機関で使用されるチケットシステムが、2021年末にはすべて新しいものに移行される見込みだという。

「事業用自動車総合安全プラン」案、2025年までに死者数225人以下 国交省 画像
政策

「事業用自動車総合安全プラン」案、2025年までに死者数225人以下 国交省

国土交通省は1月26日、事業用自動車に係る総合安全対策検討委員会が「事業用自動車総合安全プラン2025」案を策定したと発表した。

冬用タイヤの点検義務付け---トラック・バス運送事業の整備管理者と運行管理者に 画像
政策

冬用タイヤの点検義務付け---トラック・バス運送事業の整備管理者と運行管理者に

国土交通省は1月26日、トラック・バス運送事業者に冬用タイヤの安全性を確認することをルール化したと発表した。

赤羽国交相、気候適応サミット閣僚級対話に参加…脱炭素をアピールへ 画像
政策

赤羽国交相、気候適応サミット閣僚級対話に参加…脱炭素をアピールへ

国土交通省は1月22日、オランダ政府が主催する1月26日(日本時間)の気候適応サミットの閣僚級対話に、日本政府を代表し、赤羽一嘉国土交通大臣が参加すると発表した。

国交省、ETC2.0 特定プローブデータの配信事業者を募集 画像
政策

国交省、ETC2.0 特定プローブデータの配信事業者を募集

国土交通省は1月22日、車両運行管理を支援するためのETC2.0特定プローブデータの配信事業者を公募すると発表した。

改正バリアフリー法…道路管理者に職員の対応や音声案内を義務付け ソフト基準 画像
政策

改正バリアフリー法…道路管理者に職員の対応や音声案内を義務付け ソフト基準

国土交通省は1月22日、改正バリアフリー法の施行に伴って、道路管理者に義務付けられるハードとソフトの基準の詳細などを制定するため、省令を改正すると発表した。

都市で自動運転やICT技術を活用---国交省が方向性を検討へ 画像
政策

都市で自動運転やICT技術を活用---国交省が方向性を検討へ

国土交通省では1月21日、「都市交通における自動運転技術の活用方策に関する検討会」を1月25日に開催して、自動運転が普及した時代に求められる都市における生活の質向上に向けた自動運転技術やICT技術活用の方向性などについて検討すると発表した。

道路空間利活用の評価やマネジメントのあり方 国交省が検討会 画像
政策

道路空間利活用の評価やマネジメントのあり方 国交省が検討会

国土交通省は、1月22日に「多様なニーズに応える道路空間のあり方に関する検討会」を開催して道路空間利活用の評価やマネジメントのあり方などを検討すると発表した。

高速道路のDXについて、全国トラック協会などからヒアリング 国交省 画像
政策

高速道路のDXについて、全国トラック協会などからヒアリング 国交省

国土交通省は、ETC専用など、持続可能な高速道路システムに関する制度について議論するため、第47回国土幹線道路部会を1月20日に開催すると発表した。

「地域交通グリーン化事業」で電動車両導入支援 国交省が事業を公募 画像
政策

「地域交通グリーン化事業」で電動車両導入支援 国交省が事業を公募

国土交通省は1月18日、電気バス、プラグインハイブリッドバス、燃料電池タクシー、超小型モビリティの導入を支援する地域交通グリーン化事業の3次公募を開始すると発表した。

自賠責保険料、4月から平均6.7%下げ---乗用車2万10円、軽1万9730円に[新聞ウォッチ] 画像
政策

自賠責保険料、4月から平均6.7%下げ---乗用車2万10円、軽1万9730円に[新聞ウォッチ]

自動車やバイクを所有する人すべてに加入を義務づけている自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の保険料が、今年4月から、全車種平均で6.7%引き下げられるという。

新車全て電動車の実現は2035年に…菅首相がより明確に提示 画像
政策

新車全て電動車の実現は2035年に…菅首相がより明確に提示

菅義偉首相は1月18日に始まった通常国会での施政方針演説で、国内販売車の電動化について「2035年までに新車販売で電動車100%を実現する」と表明した。これまで「2030年代半ば」とされてきた達成時期をより明確にした。

冬用タイヤの安全確認を義務付けへ---雪道を走行するトラック・バスの事業者 画像
政策

冬用タイヤの安全確認を義務付けへ---雪道を走行するトラック・バスの事業者

国土交通省は1月15日、大雪による大型車両が立ち往生するケースが相次いでいることから、旅客自動車運送事業運輸規則の解釈及び運用などを一部改正して、雪道を走行する可能性がある場合、事業者に冬用タイヤの安全確認を義務付けると発表した。

ヘルシンキ、スマートシティ・イノベーション・プロジェクトを新地区に拡大 画像
会員限定

ヘルシンキ、スマートシティ・イノベーション・プロジェクトを新地区に拡大

「ヘルシンキ・イノベーション・ディストリクト・プロジェクト」の対象範囲がマルミ地区、パシラ地区、メルンキラ地区、マルミンカルターノ・カネルマキ地区にも拡大。

「バスタプロジェクト」全国展開、ガイドラインを策定へ 国交省の検討会 画像
政策

「バスタプロジェクト」全国展開、ガイドラインを策定へ 国交省の検討会

国土交通省は、「バスタプロジェクト」の全国展開に向けて、検討会を1月14日に開催して、交通拠点の機能強化に関するガイドラインの素案について議論すると発表した。

東京都心で人流データ取得…地域課題解決に官民が連携へ 国交省 画像
政策

東京都心で人流データ取得…地域課題解決に官民が連携へ 国交省

国土交通省は1月8日、人の流れのデータを地域課題解決に活用するため、官民が連携して大手町・丸の内・有楽町エリアで人流データを取得する実証実験を実施すると発表した。

コロナで特例…自動車登録申請書に添付する書面の有効期間を延長 国交省 画像
政策

コロナで特例…自動車登録申請書に添付する書面の有効期間を延長 国交省

国土交通省は1月8日、新型コロナウイルス感染拡大に伴って緊急事態宣言が首都圏で発令されたことから、自動車登録申請書の添付書面の有効期間を延長すると発表した。

セルフ水素ステーション整備へ 加速に向けて法改正 画像
政策

セルフ水素ステーション整備へ 加速に向けて法改正

国土交通省は1月4日、燃料電池車(FCV)への圧縮水素をセルフで充填する水素ステーションについて規制を緩和すると発表した。

ロサンゼルス市が「アーバン・エアモビリティ・プログラム」を開始 画像
会員限定

ロサンゼルス市が「アーバン・エアモビリティ・プログラム」を開始

ロサンゼルス市は、都市の空域の未来を形作るのに役立つ「アーバン・エアモビリティ・プログラム」という1年間のプログラムを発表した

    Page 1 of 1