モビリティの進化が未来を変える

2021年4月の社会「政策」の記事一覧

ICTを活用して歩行者移動支援、2021年度の取り組みを検討 国交省 画像
政策

ICTを活用して歩行者移動支援、2021年度の取り組みを検討 国交省

国土交通省は4月9日、「ICTを活用した歩行者移動支援の普及促進検討委員会」を4月15日に開催してバリアフリーに関する情報の整備・活用促進を目指して2021年度に取り組む内容について検討すると発表した。

国交省、対歩行者自動ブレーキとペダル踏み間違い防止機能を性能を認定…ロゴマークも作成 画像
政策

国交省、対歩行者自動ブレーキとペダル踏み間違い防止機能を性能を認定…ロゴマークも作成

国土交通省は4月9日、乗用車の先進安全技術として、8社255型式の対歩行者衝突被害軽減ブレーキ、8社256型式のペダル踏み間違い急発進抑制装置を認定したと発表した。

バスタプロジェクトを全国展開へ 国交省が「交通拠点の機能強化ガイドライン」を策定 画像
政策

バスタプロジェクトを全国展開へ 国交省が「交通拠点の機能強化ガイドライン」を策定

国土交通省は4月8日、「交通拠点の機能強化に関する計画ガイドライン」を策定し、バスタプロジェクトの全国展開を開始すると発表した。

道路に関する新たな取り組み、民間のアイデアを活用へ 国交省が募集 画像
政策

道路に関する新たな取り組み、民間のアイデアを活用へ 国交省が募集

国土交通省は4月7日、2021年度から道路に関する新たな取り組みに民間のアイデアを活用した実証実験を実施すると発表した。

赤羽国交相、自動運転レベル3実現に向けた法整備を海外にアピール 画像
政策

赤羽国交相、自動運転レベル3実現に向けた法整備を海外にアピール

赤羽一嘉国土交通大臣は4月7日、世界経済フォーラム傘下のイノベーションの社会実装に関する国際会議に出席し、IoT、AIやビッグデータを活用したスマートシティ・スマートモビリティに関する日本の事例を紹介し、ポスト・コロナにおける経済成長について議論した。

    Page 1 of 1