モビリティの進化が未来を変える

社会「スマートシティ」の記事一覧(6ページ中2ページ目)

自動運転で小売りMaaS実現めざす…東広島市でスマートシティ化事業 ソフトバンクと広島大 画像
MaaSサービス

自動運転で小売りMaaS実現めざす…東広島市でスマートシティ化事業 ソフトバンクと広島大

ソフトバンクは7月2日、広島大学、東広島市と東広島市と周辺地域でスマートシティの実現などを主な内容とする、包括的な連携協定を締結したと発表した。

三菱商事とマップルが「スマートシティ会津若松」で移動需要創出に向けた実証実験へ 画像
スマートシティ

三菱商事とマップルが「スマートシティ会津若松」で移動需要創出に向けた実証実験へ

三菱商事株式会社と株式会社昭文社ホールディングスの子会社・株式会社マップルが、福島県会津若松市が掲げるスマートシティで、一般財団法人会津若松観光ビューローの協力の下、地域の移動需要創出に向けた実証実験を始めた。

東京ガス、EV充電サービスを提供へ ユビ電と提携 画像
スマートシティ

東京ガス、EV充電サービスを提供へ ユビ電と提携

東京ガスは6月28日、ユビ電と提携して電気自動車(EV)充電サービス事業を共同で推進していくことで合意したと発表した。

グレーター・マンチェスター交通局が、バス時刻表のペーパーレス化を試行 画像
スマートシティ

グレーター・マンチェスター交通局が、バス時刻表のペーパーレス化を試行

グレーター・マンチェスター交通局(TfGM)は、ストックポートとオールダムのトラベルショップとバス停で、従来のバス時刻表をデジタルQRコードに置き換えるペーパーレス時刻表の試験を行う。

奈良日産、次世代型電動車椅子『WHILL』の取り扱い開始…免許返納後の移動を支援 画像
スマートシティ

奈良日産、次世代型電動車椅子『WHILL』の取り扱い開始…免許返納後の移動を支援

奈良日産自動車は、WHILL社が開発する次世代型電動車椅子『WHILL モデルC2』の取扱いを登美ヶ丘店、郡山店、橿原東店、高田店の4店舗で7月1日より開始する。

TIS、地域災害時に電気自動車蓄積電気を建物内で利用する実証実験 「ISOUプラットフォーム」活用 画像
企業

TIS、地域災害時に電気自動車蓄積電気を建物内で利用する実証実験 「ISOUプラットフォーム」活用

TIS株式会社は、電気自動車に蓄積した電気を建物内で利用する「Vehicle to Home(V2H)」実証実験を山梨県北杜市で実施、同社の「ISOUプラットフォーム」を使い有用性を確認したと発表した。

名古屋市、「Hatch Technology NAGOYA」で先進技術を活用した社会実証提案企業等を募集 画像
スマートシティ

名古屋市、「Hatch Technology NAGOYA」で先進技術を活用した社会実証提案企業等を募集

名古屋市の「Hatch Technology NAGOYA(ハッチ・テクノロジー・ナゴヤ)」先進技術社会実証支援事業において、先進技術を活用して解決を図る「課題提示型支援事業」で、市が提示する行政課題や社会課題等に先進技術を活用した解決策を持つ企業などの募集を始めた。

【車内空間での体験価値の大進化】車載コンテンツが多様化する時代の自動車のコンセプト 画像
会員限定

【車内空間での体験価値の大進化】車載コンテンツが多様化する時代の自動車のコンセプト

今後の車載コンテンツは利用者の気持ちを動かすものになる。自動車の目的地には、それぞれふさわしい心理状態がある。今後の自動車は、物理的に身体を移動する(MOVEする)だけでなく、目的にふさわしい心理状態になるよう気持ちを動かす(MOVEする)機能が求められる。

ローマ市の渋滞・事故削減へ、欧州ソニーがスマートシティに関連するPoCを実施 画像
企業

ローマ市の渋滞・事故削減へ、欧州ソニーがスマートシティに関連するPoCを実施

欧州ソニーは、エンビジョン社とローマ市で6月から実施するスマートシティに関連するPoCで、AIイメージセンサー「IMX500」が中核要素として採用されていることを発表した。

「ITS Connectシステム」広島で実証実験、路面電車・バス運転士の8割超が導入に賛同 画像
スマートシティ

「ITS Connectシステム」広島で実証実験、路面電車・バス運転士の8割超が導入に賛同

運転支援システムを手掛ける「ITS Connect推進協議会」は、ひろしまサンドボックスでの実証実験・試乗会で、760MHzを使った通信型ITS「ITS Connectシステム」が、「安全で利便性の高環境実現に有効で、導入に賛同する」との結果を得られたと公表した。

【ベンガルール通信 その6】目に映る景色とその「背景」 画像
会員限定

【ベンガルール通信 その6】目に映る景色とその「背景」

2021年6月初旬の本稿執筆時現在、インドは引き続き全土的なロックダウン中。一時は連日、40万人超の新規感染者が報じられ、日本でも大いに話のネタにされていた模様。本気の心配か興味本位か、各所から見舞いの連絡も相次いだ。

兵庫県芦屋市の分譲地「スマートシティ潮芦屋『そらしま』」でモビリティを活用したタウンサービスの実証実験 画像
スマートシティ

兵庫県芦屋市の分譲地「スマートシティ潮芦屋『そらしま』」でモビリティを活用したタウンサービスの実証実験

プライム ライフ テクノロジーズ株式会社(PLT)とパナソニック ホームズ株式会社は、兵庫県芦屋市にあるスマートシティ潮芦屋「そらしま」内で、モビリティを活用したタウンサービスの実証実験を始めた。

国内初、公道にEV用充電器 実証実験が横浜市でスタート 画像
スマートシティ

国内初、公道にEV用充電器 実証実験が横浜市でスタート

横浜市とe-Mobility Powerは6月8日、横浜市青葉区内で公道に電気自動車(EV)用充電器を設置する実証実験を開始したと発表した。公道に充電器を設置する際の課題や有用性について検証する。

モビリティ・イノベーションは製品開発から社会デザインへ…山梨学院大学 東秀忠教授[インタビュー] 画像
モビリティセミナー

モビリティ・イノベーションは製品開発から社会デザインへ…山梨学院大学 東秀忠教授[インタビュー]

人や物を運ぶ「クルマ」が、技術進化や社会の変化によって公共性をより強く持ち始めたことで、MaaSの社会への実装は自動車メーカーのみで実現することが困難になっている。

ウーブン・アルファ/いすゞ/日野、高精度地図自動生成プラットフォームの活用に向けた検討を開始 画像
スマートシティ

ウーブン・アルファ/いすゞ/日野、高精度地図自動生成プラットフォームの活用に向けた検討を開始

トヨタグループのウーブン・アルファと、いすゞ自動車および日野自動車は6月8日、ウーブン・アルファが開発する自動地図生成プラットフォーム(AMP)の活用に向けた検討を開始すると発表した。

福島県とトヨタ、「福島発」の水素を活用した新たな未来のまちづくりに向けた検討開始 画像
スマートシティ

福島県とトヨタ、「福島発」の水素を活用した新たな未来のまちづくりに向けた検討開始

福島県とトヨタ自動車は6月4日、様々なパートナーとともに、「福島発」の水素・技術を活用した新たな未来のまちづくりに向けた社会実装の検討を開始したと発表した。

静岡県浜松市に企業間コラボレーションコンソーシアム「デジタルワークシフトコンソーシアム浜松」設立 官民連携で推進 画像
スマートシティ

静岡県浜松市に企業間コラボレーションコンソーシアム「デジタルワークシフトコンソーシアム浜松」設立 官民連携で推進

静岡県浜松市のベンチャー企業・We will accounting associates株式会社と「浜松ワークスタイルLab」(株式会社なないろのはな)が共同で、企業間コラボレーションコンソーシアム「デジタルワークシフトコンソーシアム浜松」を設立した。

岡山県西粟倉村でギフティのギフトプラットフォーム「Welcome ! STAMP」運用開始 画像
スマートシティ

岡山県西粟倉村でギフティのギフトプラットフォーム「Welcome ! STAMP」運用開始

岡山県英田郡西粟倉村が2021年6月から運用を始める「あわくらポイントサービス」で、株式会社ギフティが手掛けるeギフトプラットフォーム「Welcome ! STAMP」の運用を始めた。

浜松市がデータ連携基盤を活用した実証実験プロジェクト参加者を全国から募集 画像
企業

浜松市がデータ連携基盤を活用した実証実験プロジェクト参加者を全国から募集

浜松市は、Code for Japan、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクと連携し、データ連携基盤を活用した実証実験を支援する「Hamamatsu ORI-Project」への参加者を全国から募集する。

ENEOSとNEC、SSを活用した電動車充電ネットワーク拡充に向け協業へ 画像
新エネルギー車

ENEOSとNEC、SSを活用した電動車充電ネットワーク拡充に向け協業へ

ENEOSとNECは5月20日、電動車両(EV、PHV)の充電ネットワーク拡充に向けた協業検討を開始すると発表した。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
Page 2 of 6