モビリティの進化が未来を変える

テクノロジー

ワールドカーオブザイヤー、EV賞を新設 2022年から 画像
テクノロジー

ワールドカーオブザイヤー、EV賞を新設 2022年から

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は3月2日、「2022ワールドカーオブザイヤー」から、新たな賞として、「ワールドEVオブザイヤー」を設けると発表した。

【ホンダ レジェンド 新型】寺谷日本部長「事故ゼロ社会の実現に向けた大きな一歩」 画像
テクノロジー

【ホンダ レジェンド 新型】寺谷日本部長「事故ゼロ社会の実現に向けた大きな一歩」

ホンダは『ホンダセンシングエリート』と名付けた自動運転レベル3の機能を備えた先進安全技術を旗艦モデル『レジェンド』に搭載し、3月5日から100台限定でリース販売を開始すると発表した。価格は1100万円。

【ホンダ レジェンド 新型】寺谷日本本部長「レベル3でブランドの先進性を訴求」…リースのみで価格は1100万円 画像
テクノロジー

【ホンダ レジェンド 新型】寺谷日本本部長「レベル3でブランドの先進性を訴求」…リースのみで価格は1100万円

ホンダは3月4日、フラッグシップセダンの新型『レジェンド』に「レベル3」の条件付き自動運転車に適合した技術を搭載し、5日に発売すると発表した。

マフラー排熱で発電する高効率車載用モジュール、ヤマハがサンプル提供開始 画像
テクノロジー

マフラー排熱で発電する高効率車載用モジュール、ヤマハがサンプル提供開始

ヤマハは、自動車排ガスの熱エネルギーから発電できる世界最大かつ最高出力の熱電発電モジュール「YGPX024」を開発し、サンプル販売を3月5日より開始する。

【ホンダ レジェンド 新型】レベル3自動運転の意義・意味---Honda SENSING Eliteとは? 画像
テクノロジー

【ホンダ レジェンド 新型】レベル3自動運転の意義・意味---Honda SENSING Eliteとは?

かねてよりアナウンスされていたレベル3自動運転機能「Honda SENSING Elite」を搭載した新型「レジェンド」が5日より発売される。どんな機能なのか、どんな運転が可能なのかを解説する。

フィスカーとフォックスコンがEV生産で提携 25万台の生産計画 画像
テクノロジー

フィスカーとフォックスコンがEV生産で提携 25万台の生産計画

カリフォルニアをベースとするEVベンチャーのフィスカーと、電子機器受託生産の世界的大手である鴻海科技集団(フォックスコン)が、EVの開発・生産プロジェクトに関して提携したことを発表した。

【ホンダ レジェンド 新型】初の自動運転レベル3…合言葉は「世界をあっと驚かそう」 画像
テクノロジー

【ホンダ レジェンド 新型】初の自動運転レベル3…合言葉は「世界をあっと驚かそう」

ホンダは3月4日、改良したフラッグシップセダンの新型『レジェンド』を5日に発売すると発表した。高速道路での渋滞時に搭載システムが運転操作する「レベル3」の自動運転技術を、世界で初めて実用化した。

スマートドライブ、住友三井オートサービスと資本業務提携…モビリティサービス開発を加速 画像
テクノロジー

スマートドライブ、住友三井オートサービスと資本業務提携…モビリティサービス開発を加速

スマートドライブは3月4日、住友三井オートサービス(SMAS)と資本業務提携契約を締結したと発表した。スマートドライブが実施した第三者割当による増資の一部をSMASが引き受け、連携強化を図る。

EVのリユースバッテリーでスマホを充電、オフィス向けパワーユニット発売 画像
テクノロジー

EVのリユースバッテリーでスマホを充電、オフィス向けパワーユニット発売

ベイサンは、国産電気自動車(EV)のリユースバッテリーを活用したデスクトップパワーユニット「R-ARCA(アールアルカ)」を3月5日より同社オンラインサイトにて発売する。

クロスオーバーEV『IONIQ5』発表 後輪駆動のEV専用プラットフォームを採用 画像
テクノロジー

クロスオーバーEV『IONIQ5』発表 後輪駆動のEV専用プラットフォームを採用

ヒュンダイは2月22日、新型EV「IONIQ5」を発表した。同社初の量産車『ポニー』を想起させるディテールと、EV特有の長いホイールベースが組み合わされた独自のプロポーションが目を惹くクロスオーバーEVで、今年前半には一部の地域で発売される予定。

【トヨタ MIRAI 新型】高圧水素タンクにナイロン6樹脂を採用、宇部興産と共同開発 画像
テクノロジー

【トヨタ MIRAI 新型】高圧水素タンクにナイロン6樹脂を採用、宇部興産と共同開発

トヨタ自動車が発売した燃料電池自動車(FCV)新型『MIRAI』に、トヨタ自動車と宇部興産が共同開発したFCV用高圧水素タンクライナー向けポリアミド(ナイロン)6樹脂「UBE NYLON 1218IU」が先代モデルに引き続き採用された。

ボルボ・カー・ジャパン、『C40リチャージ』を今秋導入…2025年にEV販売比率35%へ 画像
テクノロジー

ボルボ・カー・ジャパン、『C40リチャージ』を今秋導入…2025年にEV販売比率35%へ

ボルボ・カー・ジャパンは、新型クロスオーバーEV『C40リチャージ』を今秋国内へ導入。EVの販売比率を2025年に約35%、2030年には国内販売全モデルをEVとすると発表した。

ボルボ日本法人社長「プレミアムセグメントでEVが大きく伸びていくことは間違いない」 画像
テクノロジー

ボルボ日本法人社長「プレミアムセグメントでEVが大きく伸びていくことは間違いない」

ボルボ・カーが2030年までに電気自動車(EV)に全面移行する方針を打ち出したのを受けて日本法人のマーティン・パーソン社長は3月3日、都内で報道各社とのインタビューに応じ、「プレミアムセグメントでEVが大きく伸びていくことは間違いない」との見通しを示した。

いすゞ エルフ 改良新型発売、交差点警報を搭載…国内小型トラック初 画像
テクノロジー

いすゞ エルフ 改良新型発売、交差点警報を搭載…国内小型トラック初

いすゞ自動車は、『エルフ』に国内小型トラック初の交差点警報を搭載し、3月3日より販売を開始した。

ホンダe、最高のシティカーに選出…2021英国カーオブザイヤー 画像
テクノロジー

ホンダe、最高のシティカーに選出…2021英国カーオブザイヤー

ホンダの欧州部門は3月1日、EVの『ホンダe』(Honda e)が「2021英国カーオブザイヤー」の「シティカーオブザイヤー」を受賞した、と発表した。

デンソーとKDDI、自動運転に5Gを活用する共同検証を開始 画像
テクノロジー

デンソーとKDDI、自動運転に5Gを活用する共同検証を開始

デンソーとKDDIは3月3日、安心・安全なモビリティ社会の実現に向け、自動運転への5G活用に向けた共同検証を開始した。

2020年の欧州EV市場は2倍以上に成長 PHEVの伸びも目立つ 画像
テクノロジー

2020年の欧州EV市場は2倍以上に成長 PHEVの伸びも目立つ

調査会社JATOは、欧州EV市場に関するレポートを発表した。2020年の欧州EV市場は前年に比べて2倍以上に成長し、さらにプラグインハイブリッドを合算した台数では前年に比べて147%(2.47倍)となり、57万5000台から142万台に飛躍的に増加した。

ボルボカーズ初のSUVクーペ、『C40』発表…EV専用モデルに 画像
テクノロジー

ボルボカーズ初のSUVクーペ、『C40』発表…EV専用モデルに

◆2030年までにフルEVメーカーを目指す計画の一環として登場 ◆車台を共有するXC40とは異なるデザイン ◆グーグルと共同開発されたAndroidベースのインフォテインメントシステム ◆1回の充電での航続は最大420kmに達する見通し

自動運転トーイングトラクターを初の本格導入…成田空港の空港地上支援業務 画像
テクノロジー

自動運転トーイングトラクターを初の本格導入…成田空港の空港地上支援業務

国土交通省は、空港地上支援業務(グランドハンドリング)の省力化・自動化を推進するため、空港制限区域内に国内初となる自動運転トーイングトラクターを導入すると発表した。

ダイムラーとボルボ、新合弁「セルセントリック」設立…2020年代後半に燃料電池量産へ 画像
テクノロジー

ダイムラーとボルボ、新合弁「セルセントリック」設立…2020年代後半に燃料電池量産へ

ダイムラートラック(Daimler Truck)とボルボグループ(Volvo Group)は3月1日、燃料電池の量産に向けた合弁会社、「セルセントリック」(Cellcentric)を設立した、と発表した。

最新ニュースをもっと見る

トピックス

もっと見る

トピックスをもっと見る