モビリティの進化が未来を変える

2021年9月のテクノロジー「自動運転」の記事一覧

BMW、自律移動型ロボットの試験運用を開始…屋外での使用は初 画像
自動運転

BMW、自律移動型ロボットの試験運用を開始…屋外での使用は初

BMWは9月27日、工場内で部品などを自動運転で運ぶ「スマート・トランスポート・ロボット(STR)」を、屋外で初めて試験運用するプロジェクトをドイツ・ディンゴルフィン工場で開始した、と発表した。

コンチネンタル、ロボットカー発表へ…ITS世界会議2021 画像
自動運転

コンチネンタル、ロボットカー発表へ…ITS世界会議2021

コンチネンタル(Continental)は、10月にドイツ・ハンブルクで開催されるITS世界会議2021において、未来のモビリティのためのロボットカーを初公開する。9月22日、コンチネンタルが発表した。

自動運転AIチャレンジ、オンラインシミュレーションで開催…参加者募集開始 画像
自動運転

自動運転AIチャレンジ、オンラインシミュレーションで開催…参加者募集開始

自動車技術会は、「第3回自動運転AIチャレンジ(2021シミュレーション)」の参加者を9月27日より募集する。

トヨタ・ウーブンプラネット、自動車向けOS開発の米レノボモーターズを買収 画像
企業

トヨタ・ウーブンプラネット、自動車向けOS開発の米レノボモーターズを買収

トヨタグループでソフトウェアを中心としたモビリティの開発を担うウーブン・プラネットは9月28日、自動車向けオペレーティングシステム(OS)開発の米国・レノボモーターズを買収したと発表した。

中山間地域における自動運転移動サービス 道の駅「赤来高原」で本格導入 画像
政策

中山間地域における自動運転移動サービス 道の駅「赤来高原」で本格導入

国土交通省は9月21日、中山間地域における道の駅などを拠点とした自動運転サービスを、中国地方で初となる道の駅「赤来高原」(島根県飯南町)に本格導入すると発表した。

ZMP、走行データと同期した搭乗者の眠気・感情データを提供開始 画像
コネクテッド

ZMP、走行データと同期した搭乗者の眠気・感情データを提供開始

ZMPは、走行データ計測ソリューション「RoboTest」の新サービスとして、車両走行時の搭乗者の眠気や感情に関するデータ提供を開始する。

トヨタのミニバンがベース、自動運転プロトタイプ発表…米国で走行テストへ 画像
自動運転

トヨタのミニバンがベース、自動運転プロトタイプ発表…米国で走行テストへ

自動運転技術を手がけるオーロラは9月20日、トヨタとの戦略的提携の最初の成果として、トヨタのミニバンベースの自動運転車のプロトタイプを発表した。

自動運転フォークリフトとトラックが連携して待機時間を短縮 豊田自動織機など実証へ 画像
自動運転

自動運転フォークリフトとトラックが連携して待機時間を短縮 豊田自動織機など実証へ

豊田自動織機、日立物流などは9月17日、物流施設内でのトラックの積卸し自動化と待機時間削減に向けてAIを搭載した自動運転フォークリフトを活用してトラック運行と連携させる共同実証事業を開始すると発表した。

自動運転に向け5.9GHz帯の技術的条件を策定へ…総務省アクションプラン 画像
政策

自動運転に向け5.9GHz帯の技術的条件を策定へ…総務省アクションプラン

総務省は9月13日、「周波数再編アクションプラン」(2021年度版)案を作成したと発表した。

「モビリティ=陸上」という固定概念を超える 無人運航船の可能性 画像
企業

「モビリティ=陸上」という固定概念を超える 無人運航船の可能性

Autonomousというと、とかく自動車に目を向けがちだが、「陸上」だけではなく、「海上」でも同様のイノベーションが起きようとしている。「モビリティ=陸上」という固定概念を超えることこそが、モビリティビジネスでのDXを生み出すはずだ。

欧州自動車メーカーが自動駐車を共同開発、BMWは iX で実演…IAAモビリティ2021 画像
自動運転

欧州自動車メーカーが自動駐車を共同開発、BMWは iX で実演…IAAモビリティ2021

BMWグループ(BMW Group)はIAAモビリティ2021において、自動バレーパーキングのデモンストレーションを行った。

ソニーが手がける次世代モビリティ、アンシスのシミュレーション最新トレンドとは 画像
自動運転

ソニーが手がける次世代モビリティ、アンシスのシミュレーション最新トレンドとは

「Ansys INNOVATION CONFERENCE 2021」で、ソニーグループ川西泉常務、アンシス・ジャパン芳村貴正専務執行役員、清水和夫モデレーターが、「くるまの魅力、モビリティの可能性を探る旅」をテーマに語り合った。

【池原照雄の単眼複眼】日産とホンダが自動運転車サービスの公道実験…交通の“空白”を埋める事業化に期待 画像
自動運転

【池原照雄の単眼複眼】日産とホンダが自動運転車サービスの公道実験…交通の“空白”を埋める事業化に期待

自動運転車両によるモボリティサービスの実用化に向けた実証実験が今月、日本の自動車メーカー2社によって始まる。日産自動車が横浜市、ホンダが栃木県の宇都宮市および芳賀町で着手するもので、いずれも公道での実験だ。

【次世代モビリティに向けた変革のススメ】CASE時代の自動車におけるサイバーセキュリティの6つの要諦 画像
会員限定

【次世代モビリティに向けた変革のススメ】CASE時代の自動車におけるサイバーセキュリティの6つの要諦

前回まで5回にわたり、自動車開発プロセスの変化や国内メーカーの課題と解決策、またビジネスプラットフォームとしてのクルマの潜在能力や社会にもたらす価値について解説してきた。最終回となる今回は「自動車セキュリティ」の領域について紹介したい。

メルセデスベンツ Sクラス 新型でレベル3の自動運転が可能に、ヒアのデジタル地図搭載へ…IAAモビリティ2021 画像
自動運転

メルセデスベンツ Sクラス 新型でレベル3の自動運転が可能に、ヒアのデジタル地図搭載へ…IAAモビリティ2021

ヒアテクノロジーズ(HERE Technologies、以下ヒア)は9月6日、ドイツで開幕したIAAモビリティ2021において、同社の「HDライブマップ」が2021年内に、メルセデスベンツ『Sクラス』新型の「DRIVE PILOT」に搭載されると発表した。

フランクフルトショー改めミュンヘンで初開催の「IAA」は我々に何を見せるのか? 画像
自動車産業

フランクフルトショー改めミュンヘンで初開催の「IAA」は我々に何を見せるのか?

今年からミュンヘン・メッセに開催都市を移した「IAA」(旧フランクフルトモーターショー)が、装いも趣向も新たにその扉を開いた。これまでのモーターショーと何が違うのか。現地を取材した。

日産、自動運転「Easy Ride」で新ステップ…9月21日から横浜で実証実験 画像
自動運転

日産、自動運転「Easy Ride」で新ステップ…9月21日から横浜で実証実験

日産自動車は9月9日、報道関係者向けに自動運転車両によるオンデマンド配車サービスである「Easy Ride」の新たな実証実験に関する説明会を開いた。これまでの実験に比べ、車両の乗員を2人から1人とするなど実用化への新たなアプローチを進める。

自動運転系コンセプトカーにみるアウディとボルボの違い…IAAモビリティ2021 画像
自動運転

自動運転系コンセプトカーにみるアウディとボルボの違い…IAAモビリティ2021

今年のミュンヘンモーターショー(IAAモビリティ2021)は、妄想全開のコンセプトカーよりもすぐに市販可能なEVの新型モデルが目立つ。その中、アウディ、ボルボは正統派近未来コンセプトカーの王道を行っていた。

ホンダ、2022年に公道で自動運転サービスの実証実験…GMと共同で事業化へ 画像
自動運転

ホンダ、2022年に公道で自動運転サービスの実証実験…GMと共同で事業化へ

ホンダは9月8日、オンラインによるメディア向け説明会を開き、米GM(ゼネラルモーターズ)と共同で行う日本での自動運転モビリティサービス事業について、今月から高精度地図の作成など技術の実証実験を始めると明らかにした。

【マイクロモビリティ ~ 知っておきたい、世界の大きな1マイル革命~】第7回 多様なマイクロモビリティとその動向 画像
会員限定

【マイクロモビリティ ~ 知っておきたい、世界の大きな1マイル革命~】第7回 多様なマイクロモビリティとその動向

本連載では、これまで小型EV、自転車、電動キックボードにおける現状や普及に向けた課題等を取り上げてきました。今回は少し趣向を変え、これまで取り上げてきたモビリティとは異なる、かつ本連載におけるマイクロモビリティの定義に該当する多様なモビリティを紹介します。

  1. 1
  2. 2
Page 1 of 2