モビリティの進化が未来を変える

テクノロジー「自動運転」の記事一覧(13ページ中4ページ目)

グーグル、第5世代の自動運転システム搭載ロボタクシーの実験開始…米サンフランシスコ 画像
自動運転

グーグル、第5世代の自動運転システム搭載ロボタクシーの実験開始…米サンフランシスコ

グーグルの自動運転車開発部門のウェイモ(Waymo)は8月24日、米国カリフォルニア州サンフランシスコにおいて、第5世代の自動運転システムを搭載するロボタクシーの実証実験を開始した、と発表した。

【車内空間での体験価値の大進化】車載コンテンツの高度化、「制御」がもたらす新たな可能性 画像
会員限定

【車内空間での体験価値の大進化】車載コンテンツの高度化、「制御」がもたらす新たな可能性

車窓へのAR表示をはじめ今後の車載コンテンツは表現のしかたが豊かになる。合わせて、表現するタイミングの制御が重要になる。車両への各種センサの搭載やクラウド連携によって制御が高度化する。制御のしかたに、車内空間進化のフロンティアがある。

グッドイヤー、大型トラックの自動運転技術を共同開発…戦略的提携を締結 画像
自動運転

グッドイヤー、大型トラックの自動運転技術を共同開発…戦略的提携を締結

グッドイヤー・タイヤ&ラバー・カンパニー(以下、グッドイヤー)は8月23日、大型トラックの自動運転技術を手がけるPlus社との間で、戦略的提携を締結した、と発表した。

ボッシュのコンセプトカー、未来のモビリティに対応…IAAモビリティ2021で発表へ 画像
新エネルギー車

ボッシュのコンセプトカー、未来のモビリティに対応…IAAモビリティ2021で発表へ

ボッシュ(Bosch)は8月16日、ドイツで9月に開催される「IAAモビリティ2021」において、新たなコンセプトカーを初公開すると発表した。

名古屋市鶴舞エリアで自動運転バスの実証実験 WILLER・名鉄バスなど共同で 画像
MaaSサービス

名古屋市鶴舞エリアで自動運転バスの実証実験 WILLER・名鉄バスなど共同で

WILLER株式会社と名鉄バス株式会社と国立大学法人名古屋工業大学とイオンタウン株式会社の3者は共同で、名古屋市鶴舞周辺の公道で自動運転の実証実験を実施する。

世界初、移動遠隔自動運転の無人交番をドバイへ納車 三笠製作所 画像
自動運転

世界初、移動遠隔自動運転の無人交番をドバイへ納車 三笠製作所

三笠製作所は、ドバイ警察と共同開発を進めてきた世界初の移動式交番「SPS-AMV」(Smart Police Station-Autonomous Mobile Vehicle)の2号機を、10月1日に開幕するドバイ国際博覧会(ドバイ万博)に向けて納車すると発表した。

東急が静岡県4都市で自動運転と遠隔操縦、「しずおか自動運転ShowCASEプロジェクト」実証実験へ 画像
自動運転

東急が静岡県4都市で自動運転と遠隔操縦、「しずおか自動運転ShowCASEプロジェクト」実証実験へ

静岡県が実施する自動走行実証事業「しずおか自動運転ShowCASEプロジェクト」の2021年度事業受託者に、東急株式会社が決定した。

ホンダ「安全運転コーチングシステム」の実験車に同乗…リアルタイムの助言など自習支援 画像
コネクテッド

ホンダ「安全運転コーチングシステム」の実験車に同乗…リアルタイムの助言など自習支援

ホンダは交通事故死亡者ゼロに向けた対策の一環として、ドライバーのスキル向上などを支援する「安全運転コーチングシステム」(仮称)の開発を進めており、近い将来にグローバルでの実用化を目指す。

ジェイテクト、完全自動運転対応のEPS開発…LS と MIRAI に搭載 画像
自動運転

ジェイテクト、完全自動運転対応のEPS開発…LS と MIRAI に搭載

ジェイテクトは電源を含むハードウェア完全二重構造となる電動パワーステアリング(EPS)を開発。2021年4月に発売されたレクサス『LS』およびトヨタ『MIRAI』新型の一部車両に搭載された。

ADASや自動運転に貢献する「高精度3次元地図」…今までの地図データとは何が違うのか 解説 画像
自動運転

ADASや自動運転に貢献する「高精度3次元地図」…今までの地図データとは何が違うのか 解説

ホンダが新型『レジェンド』で世界初の自動運転「レベル3」を実現するなど、クルマの自動運転化が急速に注目されている。その技術の中核を担っているのが、国家プロジェクトとして進められている高精度デジタル地図「HDマップ」だ。

トヨタ・ウーブンプラネット、米リフト社の自動運転部門買収…開発体制強化 画像
企業

トヨタ・ウーブンプラネット、米リフト社の自動運転部門買収…開発体制強化

トヨタグループでソフトウェアを中心としたモビリティの開発を担うウーブン・プラネットは7月20日、米国で配車サービスを展開するリフト社の自動運転部門「レベル5」の買収を完了したと発表した。

ボッシュとVW、自動運転車向けデジタル地図の開発で協力…『ゴルフ』新型の「Car2X」活用 画像
自動運転

ボッシュとVW、自動運転車向けデジタル地図の開発で協力…『ゴルフ』新型の「Car2X」活用

ボッシュ(Bosch)は7月15日、フォルクスワーゲンと協力して、将来の自動運転車向けの高解像度デジタル地図の開発に必要なリアルタイム情報を収集していると発表した。

ZMP、自動運転EVトラックの先行受注開始---物流施設・空港の構内搬送を自動化 画像
自動運転

ZMP、自動運転EVトラックの先行受注開始---物流施設・空港の構内搬送を自動化

ZMPは、工場・物流施設・空港・港湾など構内搬送の自動化を実現する、自動運転EVトラック『RoboCar EV Truck』の先行受注を開始した。

VWグループが描く2030年の自動車社会とは?中期戦略「NEW AUTO」を解説 画像
企業

VWグループが描く2030年の自動車社会とは?中期戦略「NEW AUTO」を解説

フォルクスワーゲンは7月13日、2030年へ向けたグループの中期的戦略を「ニュー・オート 来る世代のためのモビリティ」と題し、オンラインのカンファレンス形式で発表した。

ティアフォーとイーソル、 自動運転技術商用化に向け戦略的パートナーシップ締結 画像
自動運転

ティアフォーとイーソル、 自動運転技術商用化に向け戦略的パートナーシップ締結

ティアフォーおよびイーソルは7月14日、世界初のオープンソースの自動運転ソフトウェア「Autoware」を利用した自動運転技術の商用化、およびその普及を加速させるため、戦略的パートナーシップを締結したことを発表した。

『コンセプト・リチャージ』が見せた、ボルボデザインの新時代 画像
自動車産業

『コンセプト・リチャージ』が見せた、ボルボデザインの新時代

ボルボカーズは6月30日、『Tech Moment』と呼ぶ技術説明会をオンライン開催。衝突回避、自動運転、バッテリー、コネクティビティなどの技術展望を紹介した後、それらをフル装備したコンセプトSUVとして『コンセプト・リチャージ』をサプライズ発表した。

【マイクロモビリティ ~ 知っておきたい、世界の大きな1マイル革命~】第6回 電動キックボードの進化と発展にみるマイクロモビリティの今後 画像
会員限定

【マイクロモビリティ ~ 知っておきたい、世界の大きな1マイル革命~】第6回 電動キックボードの進化と発展にみるマイクロモビリティの今後

本シリーズの第3回において電動キックボードについて概観しましたが、今回は特に欧米に的を絞り、電動キックボードの技術的進化と「産業化」に向けた動きや公共交通を補完するものとしての発展可能性について考察します。

ボルボカーズ、走行中の車からリアルタイムデータを収集へ…自動運転技術の開発を加速 画像
自動運転

ボルボカーズ、走行中の車からリアルタイムデータを収集へ…自動運転技術の開発を加速

ボルボカーズ(Volvo Cars)は6月30日、走行中の車からのリアルタイムデータを活用して、自動運転技術の開発を加速させると発表した。

アイシン、高度運転支援技術向けにドライバーモニターなど開発…新型LS/MIRAI搭載 画像
自動運転

アイシン、高度運転支援技術向けにドライバーモニターなど開発…新型LS/MIRAI搭載

アイシンが開発したドライバーモニターシステムとナビゲーションシステム&高精度地図が、高度運転支援技術「アドバンストドライブ」向け商品としてトヨタ『MIRAI』およびレクサス新型『LS』に採用された。

スマート・アイがアフェクティバ社を買収し、車室内センシング市場での優位性を確保 画像
企業

スマート・アイがアフェクティバ社を買収し、車室内センシング市場での優位性を確保

スウェーデンのスマート・アイと、アフェクティバの両社は、スマート・アイがアフェクティバを7,350万米ドル(約8100億円)で買収する契約を締結したと、5月25日に発表した。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 最後
Page 4 of 13