モビリティの進化が未来を変える

2021年6月のテクノロジー「コネクテッド」の記事一覧

スマートドライブ×パナソニック、ETC2.0システムを活用した運行管理サービスで共同実証開始 画像
コネクテッド

スマートドライブ×パナソニック、ETC2.0システムを活用した運行管理サービスで共同実証開始

スマートドライブとパナソニックは、ETC2.0システムを活用した物流業界向け運行管理サービスの共同実証を開始。2021年内の実証サービスの提供を目指す。

メルセデスベンツ、「MB.OS」車載化へ…開発の中心拠点を2022年初頭に稼働 画像
コネクテッド

メルセデスベンツ、「MB.OS」車載化へ…開発の中心拠点を2022年初頭に稼働

メルセデスベンツは6月25日、ドイツ・ジンデルフィンゲンを、将来の車載オペレーティングシステム、「MB.OS」(メルセデスベンツ・オペレーティング・システム)の開発の中心的なキャンパスにすると発表した。

【マイクロモビリティ ~ 知っておきたい、世界の大きな1マイル革命~】第5回 進化する自転車が拡張するマイクロモビリティ(後編) 画像
会員限定

【マイクロモビリティ ~ 知っておきたい、世界の大きな1マイル革命~】第5回 進化する自転車が拡張するマイクロモビリティ(後編)

脱炭素と密回避時代の有力なモビリティとして世界的な需要が高まっている自転車について、本連載でも2回にわたり取り上げます。後編となる今回は、e-bikeをはじめとする電動自転車と、自転車が普及していく上での課題を中心に解説します。

【車内空間での体験価値の大進化】車載コンテンツが多様化する時代の自動車のコンセプト 画像
会員限定

【車内空間での体験価値の大進化】車載コンテンツが多様化する時代の自動車のコンセプト

今後の車載コンテンツは利用者の気持ちを動かすものになる。自動車の目的地には、それぞれふさわしい心理状態がある。今後の自動車は、物理的に身体を移動する(MOVEする)だけでなく、目的にふさわしい心理状態になるよう気持ちを動かす(MOVEする)機能が求められる。

「ITS Connectシステム」広島で実証実験、路面電車・バス運転士の8割超が導入に賛同 画像
スマートシティ

「ITS Connectシステム」広島で実証実験、路面電車・バス運転士の8割超が導入に賛同

運転支援システムを手掛ける「ITS Connect推進協議会」は、ひろしまサンドボックスでの実証実験・試乗会で、760MHzを使った通信型ITS「ITS Connectシステム」が、「安全で利便性の高環境実現に有効で、導入に賛同する」との結果を得られたと公表した。

J-ウィングレンタリース、バーチャルキーを利用した「スカイレンタカー・スマートサービス」を開始 7月より 画像
MaaSサービス

J-ウィングレンタリース、バーチャルキーを利用した「スカイレンタカー・スマートサービス」を開始 7月より

J-ウィングレンタリースは、非対面非接触のレンタカー「スカイレンタカー・スマートサービス」を7月21日より開始する。スマホの登録予約アプリがそのまま車両の鍵にもなる専用のスマートロックアプリは、7月1日からダウンロードできる。

運転中の心筋梗塞、予兆を早期検知…デンソーなどDNAの機能を発見 画像
コネクテッド

運転中の心筋梗塞、予兆を早期検知…デンソーなどDNAの機能を発見

デンソーと東京農工大学、理化学研究所、ノースカロライナ大学は、特殊な構造(グアニン四重鎖構造)を持つDNAがミオグロビンタンパク質の持つ酵素活性を増強する機能があることを発見した。(6月7日発見)

米ホンダ、AT&Tとの提携を強化…車載Wi-Fiでワーナーのエンタメが視聴可能に 画像
コネクテッド

米ホンダ、AT&Tとの提携を強化…車載Wi-Fiでワーナーのエンタメが視聴可能に

ホンダ(Honda)の米国部門は5月27日、AT&Tとの提携を強化し、AT&Tの車載Wi-Fiに接続することにより、エンターテインメントアプリの「ワーナー・メディア・ライド(Warner Media RIDE)」が、ホンダとアキュラの車内で利用可能になった、と発表した。

    Page 1 of 1