モビリティの進化が未来を変える

2021年2月のテクノロジー「新エネルギー車」の記事一覧

トヨタ、FCシステムをパッケージ化したモジュールを開発…様々な製品に活用可能 画像
新エネルギー車

トヨタ、FCシステムをパッケージ化したモジュールを開発…様々な製品に活用可能

トヨタ自動車は燃料電池(FC)システムをパッケージ化したFCモジュールを開発、2021年春以降(予定)に販売を開始すると発表した。FCモジュールはトラック・バス・鉄道・船舶などのモビリティや定置式発電機など、様々なFC製品に活用できる。

編集部が注目した「新エネルギー車」関連ニュースまとめ 2021年2月3週目 画像
会員限定

編集部が注目した「新エネルギー車」関連ニュースまとめ 2021年2月3週目

今週押さえるべき「新エネルギー車」トピックス

【マイクロモビリティ ~ 知っておきたい、世界の大きな1マイル革命~】 第1回 マイクロモビリティ概論 画像
会員限定

【マイクロモビリティ ~ 知っておきたい、世界の大きな1マイル革命~】 第1回 マイクロモビリティ概論

大変革が続くモビリティの世界においてなぜマイクロモビリティが注目されているのか、諸外国における動向、日本国内の現状、といったマイクロモビリティとその周辺情報を概説として広く解説します。

トヨタ MIRAI 新型、米国初導入分の1台を納車…燃料電池車普及プロジェクトに 画像
新エネルギー車

トヨタ MIRAI 新型、米国初導入分の1台を納車…燃料電池車普及プロジェクトに

◆米国仕様の航続は最大647km ◆8インチのカラーTFT LCDデジタルメータークラスター ◆最新の「トヨタ・セーフティ・センス」 ◆最初の水素都市として水素燃料電池車市場を拡大するのが目標

「ジャガーは全てEVに」プラットフォームから見えるジャガー・ランドローバーの戦略とは 画像
新エネルギー車

「ジャガーは全てEVに」プラットフォームから見えるジャガー・ランドローバーの戦略とは

ジャガー・ランドローバー(JLR)の新グローバル戦略「REIMAGINE」。2月15日にティエリー・ボローレCEOが発表した内容のなかで、製品視点で注目したいのは次の4点だ。

シトロエン ベルランゴ EV、乗用ミニバンにも設定…航続は最大280km 画像
新エネルギー車

シトロエン ベルランゴ EV、乗用ミニバンにも設定…航続は最大280km

◆ショートボディとロングボディを設定 ◆最大出力136hpのモーターを搭載 ◆タッチスクリーンは8インチが標準で10インチはオプション

フォルシア、水素貯蔵および燃料電池システムなどを紹介予定…FC EXPO 2021 画像
新エネルギー車

フォルシア、水素貯蔵および燃料電池システムなどを紹介予定…FC EXPO 2021

フォルシアは、3月3日から5日まで東京ビッグサイトで開催される「第17回 国際水素・燃料電池展 FC EXPO 2021」にシンビオ(Symbio)と共同出展、水素モビリティ社会の実現に向けたゼロエミッションテクノロジーを紹介する。

カルマの新型PHV『GS-6』、米国発表…発電用エンジンはBMW製 画像
新エネルギー車

カルマの新型PHV『GS-6』、米国発表…発電用エンジンはBMW製

◆レヴェーロGTよりも6万ドル価格を抑える ◆ツインモーターは最大出力536hp ◆EVシステムの状態を表示するセンタータッチスクリーン ◆最新の先進運転支援システム

テスラ初のEVピックアップトラック『サイバートラック』、最終デザインを確認…マスクCEO 画像
新エネルギー車

テスラ初のEVピックアップトラック『サイバートラック』、最終デザインを確認…マスクCEO

◆従来のピックアップトラックにはない斬新なデザイン ◆トリプルモーター仕様は0~96km/h加速2.9秒以内 ◆17インチの大型タッチスクリーン ◆本格的な量産は2022年からの予定

三菱 アウトランダーPHEV、SUVタイプのプラグインハイブリッドで欧州販売トップ 2020年 画像
新エネルギー車

三菱 アウトランダーPHEV、SUVタイプのプラグインハイブリッドで欧州販売トップ 2020年

三菱自動車は、2020年の欧州市場にて、『アウトランダーPHEV』がSUVタイプのプラグインハイブリッド(PHEV)としては最多、またPHEV全体としても2番目となる2万6673台を販売したと発表した。

NEDO、CO2排出ゼロで水素製造する研究開発委託先を公募 画像
新エネルギー車

NEDO、CO2排出ゼロで水素製造する研究開発委託先を公募

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2月17日、水素利用等先導研究開発事業を受託する企業を公募すると発表した。

編集部が今週注目した5大記事&プレイヤー 21年2月3週目 画像
会員限定

編集部が今週注目した5大記事&プレイヤー 21年2月3週目

mirai.Response編集部注目の5大記事&プレイヤー

丸紅、リチウムイオン電池のリサイクル技術を開発へ…北米大手と提携 画像
新エネルギー車

丸紅、リチウムイオン電池のリサイクル技術を開発へ…北米大手と提携

丸紅は2月17日、北米最大手の電池リサイクル業者のリトリブテクノロジーズとリチウムイオン電池のリサイクルに関する事業開発で戦略的パートナーシップ契約を締結たと発表した。

メルセデスベンツ EQC に「AMGライン」、EVにもスポーティ仕様…欧州設定 画像
新エネルギー車

メルセデスベンツ EQC に「AMGライン」、EVにもスポーティ仕様…欧州設定

◆フロントグリルやバンパーが専用デザイン ◆フラットボトムのスポーツステアリングホイール ◆ツインモーターは最大出力408hp ◆複数のドライブモードが切り替え可能

テスラ モデル3 が突如82万円の値下げ!…これは買いか? 画像
新エネルギー車

テスラ モデル3 が突如82万円の値下げ!…これは買いか?

2月17日、ソーシャルメディア上に「モデル3値下げ」の書き込みを発見。すでに「ポチった」という人も現れている。公式ホームページを確認すると、確かにスタンダードレンジモデルが511万円から429万円(ともに本体価格)へと価格改定されている。

メルセデスベンツ EQC にベースモデル、EV購入者に対するインセンティブに対応…欧州発表 画像
新エネルギー車

メルセデスベンツ EQC にベースモデル、EV購入者に対するインセンティブに対応…欧州発表

◆ドイツ本国での価格は5000ユーロ以上引き下げ ◆ベースモデルでも電動パワートレインに変更なし ◆新世代のインフォテインメントシステム「MBUX」

フォードモーター、欧州の全乗用車をEVに…2030年までに 画像
新エネルギー車

フォードモーター、欧州の全乗用車をEVに…2030年までに

フォードモーター(Ford Motor)は2月17日、2030年までに欧州の乗用車の全ラインナップをEVにすると発表した。

ロータス、次世代EV耐久レーサー「E-R9」提案…車体が伸縮 画像
新エネルギー車

ロータス、次世代EV耐久レーサー「E-R9」提案…車体が伸縮

◆ブラック&ゴールドは最も有名なF1マシンのカラーリング ◆自動的に形状や姿勢を変えることができる「モーフィングパネル」 ◆EVハイパーカー「エヴァイヤ」のトルクベクタリングシステムがベース

プジョー リフター にEV、航続は最大280km 欧州発表 画像
新エネルギー車

プジョー リフター にEV、航続は最大280km 欧州発表

◆モーターは最大出力136hp ◆プジョーの「i-Cockpit」 ◆ショートボディとロングボディを設定

関西電力など、大阪大学に電気バス導入---産学連携で充放電システムの実証実験 画像
新エネルギー車

関西電力など、大阪大学に電気バス導入---産学連携で充放電システムの実証実験

関西電力、大阪大学、阪急バスの3者は2月16日、大阪大学の学内連絡用などに電気バスを導入し、最適な充放電システムの構築に向けた産学連携による実証実験を行うと発表した。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
Page 1 of 4