モビリティの進化が未来を変える

テクノロジー「会員限定」の記事一覧

移動データの活用による安全性・快適性の向上 画像
会員限定

移動データの活用による安全性・快適性の向上

ネットワーク技術の更なる高度化は、移動データの収集と活用機会を拡大する。インターナビやモバイル空間統計のようなデータビジネスは様々な領域に広がると想定すべきである。

ワイヤレス充電 vs プラグイン充電:安全性、信頼性、費用対効果は 画像
会員限定

ワイヤレス充電 vs プラグイン充電:安全性、信頼性、費用対効果は

電気自動車向けワイヤレス充電に関する洞察、その利点、ワイヤレス充電とプラグイン充電の比較

次世代モビリティの市場展望:第二章『EVによるカーボンニュートラル戦略』 画像
会員限定

次世代モビリティの市場展望:第二章『EVによるカーボンニュートラル戦略』

どこで間違ってしまったのか、「EVは正義、エンジン車は悪」というレッテルが貼られてしまったように思えて悲しい。世界的なネガティブキャンペーンによる印象操作がその主たる理由であるが、他方で、各国政府がその方向で政策を進めていることを見逃すわけにはいかない。

BEVを真に効率的な移動手段にするために考えるべき代替技術 画像
会員限定

BEVを真に効率的な移動手段にするために考えるべき代替技術

世界の多くの国がパンデミックからの回復へ向けた取り組みに苦戦する中、電気自動車(EV)に対する消費者の意識およびそれに伴う販売台数には急激な増加がみられました。

世界で自動運転を推進する法規制標準化と、急速な技術進化 画像
会員限定

世界で自動運転を推進する法規制標準化と、急速な技術進化

フロスト&サリバンは、同社の世界の自動運転の法規制における成長機会分析から、自動運転市場を形作る重要なトレンド、ギャップおよび機会について報告する。

燃料電池トラックの可能性と「水素経済の鍵」 画像
会員限定

燃料電池トラックの可能性と「水素経済の鍵」

モビリティ向けの水素燃料電池開発が活発化している。多くの公共、民間セクターが水素を活用したモビリティ促進に取り組んでおり、世界的に燃料電池トラックの大きな成長機会が存在する。

パンデミック後のシェアモビリティ市場を形作るロードマップと戦略 画像
会員限定

パンデミック後のシェアモビリティ市場を形作るロードマップと戦略

新たな戦略、ビジネスのイノベーション、最新テクノロジーがシェアモビリティを促進することが期待される。2020年には3059.2億ドルだったその市場規模が2021年はおよそ2倍の6088.86億ドルになると予測される。

【次世代モビリティに向けた変革のススメ】CASE時代の自動車におけるサイバーセキュリティの6つの要諦 画像
会員限定

【次世代モビリティに向けた変革のススメ】CASE時代の自動車におけるサイバーセキュリティの6つの要諦

前回まで5回にわたり、自動車開発プロセスの変化や国内メーカーの課題と解決策、またビジネスプラットフォームとしてのクルマの潜在能力や社会にもたらす価値について解説してきた。最終回となる今回は「自動車セキュリティ」の領域について紹介したい。

【ベンガルール通信 その8】新世代の経営スタイル「SNS連動型メーカー経営」とは 画像
会員限定

【ベンガルール通信 その8】新世代の経営スタイル「SNS連動型メーカー経営」とは

南インドよりナマスカーラ!

【次世代モビリティに向けた変革のススメ】クルマが売り切りビジネスから脱却するために必要なこと 画像
会員限定

【次世代モビリティに向けた変革のススメ】クルマが売り切りビジネスから脱却するために必要なこと

前回まで3回にわたり、自動車開発におけるソフトウエアの重要性が高まったことによる開発プロセスの変化と、その変化に対応しきれない日本の自動車メーカーの課題を指摘。その解決に向けた方策について論じてきた。

C.A.S.E.の融合が迫るなか、新たなプラットフォーム・アーキテクチャ戦略を熟考する自動車メーカー 画像
会員限定

C.A.S.E.の融合が迫るなか、新たなプラットフォーム・アーキテクチャ戦略を熟考する自動車メーカー

フロスト&サリバンは、従来型プラットフォーム、マルチエネルギー・プラットフォーム(MEP)、EVプラットフォームの3つの異なるプラットフォームの存在を特定した。

物流DXによる産業の革新(後編) 画像
会員限定

物流DXによる産業の革新(後編)

物流を取り巻く事業環境は、今、まさに歴史的転換期を迎えつつある。これから先の四半世紀の間に、世界の仕組みは大きく変わるはずだ。

物流DXによる産業の革新(前編) 画像
会員限定

物流DXによる産業の革新(前編)

2021年6月15日、政府は2025年度までの物流施策の指針を定めた「総合物流施策大綱」を閣議決定した。その最たる特徴は、今後の物流が目指すべき方向性として、「物流DXの推進」を第一に掲げたことだ。

CASE革命とスマートシティ、次世代モビリティの市場展望(後編) 画像
会員限定

CASE革命とスマートシティ、次世代モビリティの市場展望(後編)

移動サービスと自動車産業の未来

CASE革命とスマートシティ、次世代モビリティの市場展望(前編) 画像
会員限定

CASE革命とスマートシティ、次世代モビリティの市場展望(前編)

今回は、次世代モビリティの市場展望とCASE革命の最終章として、S:シェアリング&サービスについて深掘りをしつつ、「自動車メーカーが都市開発!?」一見領域外に思えるこの取り組みの必然性について考察してみたい。

【車内空間での体験価値の大進化】車載コンテンツが多様化する時代の自動車のコンセプト 画像
会員限定

【車内空間での体験価値の大進化】車載コンテンツが多様化する時代の自動車のコンセプト

今後の車載コンテンツは利用者の気持ちを動かすものになる。自動車の目的地には、それぞれふさわしい心理状態がある。今後の自動車は、物理的に身体を移動する(MOVEする)だけでなく、目的にふさわしい心理状態になるよう気持ちを動かす(MOVEする)機能が求められる。

CASE革命と自動運転(前編) 画像
会員限定

CASE革命と自動運転(前編)

「ホンダが世界初の自動運転レベル3を市販化」このニュースは昨年の12月に発信されたものであるが、さほど話題にもならず、他の話題に消される事となってしまった。

フォックストロンのEVオープンプラットフォームに日本電産が参加 画像
会員限定

フォックストロンのEVオープンプラットフォームに日本電産が参加

鴻海精密工業(フォックスコン)の関連会社フォックストロン(※)は、同社が手掛けるEVのオープンプラットフォームであるMIH EVオープンプラットフォームに、日本電産が戦略的協力パートナーとして参加することを発表した。

編集部が今週注目した5大記事&プレイヤー 21年3月4週目 画像
会員限定

編集部が今週注目した5大記事&プレイヤー 21年3月4週目

mirai.Response編集部注目の5大記事&プレイヤー

上海汽車の海外販売が躍進 - 前年比6割増の3万7500台 欧州で新エネ車好調 画像
会員限定

上海汽車の海外販売が躍進 - 前年比6割増の3万7500台 欧州で新エネ車好調

中国最大の自動車メーカー上海汽車集団は、2021年1月度の販売速報を発表した。これによると、1月度の海外市場販売台数は前年比63.3%増の3万7500台に達した。これは、上海汽車集団全体の1月度の販売台数約40万台の約9%にあたる台数となる。

  1. 1
  2. 2
Page 1 of 2