モビリティの進化が未来を変える

会員限定

【次世代モビリティに向けた変革のススメ】日本の完成車メーカーが直面する真の課題 画像
ビジネス

【次世代モビリティに向けた変革のススメ】日本の完成車メーカーが直面する真の課題

本連載では、CASE(コネクティッド化、自動運転化、シェアリング/サービス化、電動化)へと舵を切った自動車業界が抱える課題とその先に待ち構える未来について、自動車産業領域を担当するアクセンチュアのスペシャリストたちが語る。

NIOが今年第一四半期で納車2万台超 - 前年比4倍以上のハイペースで推移 画像
ビジネス

NIOが今年第一四半期で納車2万台超 - 前年比4倍以上のハイペースで推移

NIOは2021年の3月度および第一四半期の業績を発表、3月は7257台の車両を納車し、前年比で373%増加という結果を残した。

【ベンガルール通信 その4】 どこまでが「ルール」か? 画像
ビジネス

【ベンガルール通信 その4】 どこまでが「ルール」か?

インド全土が完全ロックダウンに入った2020年3月25日から丸1年が過ぎ、ベンガルールは街ゆく人々のマスク姿以外はすっかり元通りの賑わい・交通量に戻っている。

編集部が今週注目した5大記事&プレイヤー 21年4月1週目 画像
ビジネス

編集部が今週注目した5大記事&プレイヤー 21年4月1週目

mirai.Response編集部注目の5大記事&プレイヤー

シャオミがEV事業に参入 初期投資は1600億円 10年で1兆円超の投資を計画 画像
ビジネス

シャオミがEV事業に参入 初期投資は1600億円 10年で1兆円超の投資を計画

シャオミはスマートEV事業への参入を発表した。初期投資額は100億人民元(約1600億円)にのぼる。またシャオミは今後10年間で100億米ドル(1兆数百憶円)を投資する計画で、雷軍氏はこの事業の最高経営責任者を兼務する。

フォックストロンのEVオープンプラットフォームに日本電産が参加 画像
テクノロジー

フォックストロンのEVオープンプラットフォームに日本電産が参加

鴻海精密工業(フォックスコン)の関連会社フォックストロン(※)は、同社が手掛けるEVのオープンプラットフォームであるMIH EVオープンプラットフォームに、日本電産が戦略的協力パートナーとして参加することを発表した。

CASE時代の自動車サプライチェーン(後編) 画像
ビジネス

CASE時代の自動車サプライチェーン(後編)

自動車の調達・生産プロセスは車体構造の変化だけに影響を受けるわけではない。シェアリングによる使い方の変化にも注視すべきである。

編集部が今週注目した5大記事&プレイヤー 21年3月5週目 画像
ビジネス

編集部が今週注目した5大記事&プレイヤー 21年3月5週目

mirai.Response編集部注目の5大記事&プレイヤー

CASE時代の自動車サプライチェーン(前編) 画像
ビジネス

CASE時代の自動車サプライチェーン(前編)

2021年3月24日、いすゞ自動車、日野自動車、トヨタ自動車の3社は、商用事業において新たな協業に取り組むことを発表した。商用車領域でCASE革命を加速させるための大同団結といっても過言ではないだろう。

【マイクロモビリティ ~ 知っておきたい、世界の大きな1マイル革命~】 第2回 復刻版名車など多様性に富むマイクロEVの世界 画像
ビジネス

【マイクロモビリティ ~ 知っておきたい、世界の大きな1マイル革命~】 第2回 復刻版名車など多様性に富むマイクロEVの世界

世界では新型コロナウイルスの感染拡大などによって環境問題が改めてクローズアップされ、第5次とも呼べる新たなEVブームが到来しており、国内においてもマイクロEVが徐々に盛り上がり始めています。第2回では国内外のマイクロモビリティの現状について解説します。

吉利汽車が新しいプレミアムEVブランド「ZEEKR」を発表 画像
ビジネス

吉利汽車が新しいプレミアムEVブランド「ZEEKR」を発表

ボルボの親会社でありダイムラーの筆頭株主である中国最大の民営系自動車メーカー吉利汽車グループは3月、新たに中国に拠点を置くプレミアムEVブランド「ジーカー(ZEEKR)」の設立を発表した。プレミアムEVに対する世界的な需要の高まりに対応するもの。

編集部が今週注目した5大記事&プレイヤー 21年3月4週目 画像
ビジネス

編集部が今週注目した5大記事&プレイヤー 21年3月4週目

mirai.Response編集部注目の5大記事&プレイヤー

ヒュンダイの新型ミニバン『スターリア』プレビュー公開 モビリティ車両も想定 画像
ビジネス

ヒュンダイの新型ミニバン『スターリア』プレビュー公開 モビリティ車両も想定

ヒュンダイは、今年前半にデビュー予定のミニバン『スターリア』の内外装デザインをプレビュー公開した。自家用車としてだけでなく、モビリティサービス用の車両としての利用も想定しているという。

キア『EV6』デザイン発表 EV専用プラットフォーム採用の新型クロスオーバー 画像
ビジネス

キア『EV6』デザイン発表 EV専用プラットフォーム採用の新型クロスオーバー

キアは同社初のEV専用クロスオーバー『EV6』をティザー公開した。キアの電動車は現在『ニロ』(HV/PHEV/EVモデルあり)がラインナップされているが、今回のEV6は同社初のEV専用プラットフォーム「E-GMP」を採用したEV専用車となる。

上海汽車の海外販売が躍進 - 前年比6割増の3万7500台 欧州で新エネ車好調 画像
テクノロジー

上海汽車の海外販売が躍進 - 前年比6割増の3万7500台 欧州で新エネ車好調

中国最大の自動車メーカー上海汽車集団は、2021年1月度の販売速報を発表した。これによると、1月度の海外市場販売台数は前年比63.3%増の3万7500台に達した。これは、上海汽車集団全体の1月度の販売台数約40万台の約9%にあたる台数となる。

新型ジープ『ワゴニア』にFireTV for Auto搭載 コネクテッドカーの付加価値として 画像
ビジネス

新型ジープ『ワゴニア』にFireTV for Auto搭載 コネクテッドカーの付加価値として

先日発表されたジープ『ワゴニア』『グランドワゴニア』のインフォテインメントシステムに、自動車向けに最適化されたAmazon FireTV が搭載された。

道具としての小さな車に「仕込む」未来 画像
テクノロジー

道具としての小さな車に「仕込む」未来

日本には「仕込む」という文化がある。辞書によると、人に教えてしっかりと身につけさせる、しつける、という使い方や、知識・技術などを自分のものとするという意味で使われる。

CASE革命と電動化、次世代の自動車部品 画像
ビジネス

CASE革命と電動化、次世代の自動車部品

最新の情報によると、2020年に世界で販売された電気自動車(BEVおよびPHEV)の台数は、コロナ禍の影響を受けているにも関わらず、前年比140%の300万台を超えた。

編集部が今週注目した5大記事&プレイヤー 21年3月3週目 画像
テクノロジー

編集部が今週注目した5大記事&プレイヤー 21年3月3週目

mirai.Response編集部注目の5大記事&プレイヤー

【次世代モビリティに向けた変革のススメ】先進自動車開発の明暗を分けるポイントとは 画像
ビジネス

【次世代モビリティに向けた変革のススメ】先進自動車開発の明暗を分けるポイントとは

いま自動車開発の世界に何が起こっているのか?

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
Page 1 of 4