モビリティの進化が未来を変える

有料会員記事

【次世代モビリティに向けた変革のススメ】クルマが売り切りビジネスから脱却するために必要なこと 画像
ビジネス

【次世代モビリティに向けた変革のススメ】クルマが売り切りビジネスから脱却するために必要なこと

前回まで3回にわたり、自動車開発におけるソフトウエアの重要性が高まったことによる開発プロセスの変化と、その変化に対応しきれない日本の自動車メーカーの課題を指摘。その解決に向けた方策について論じてきた。

C.A.S.E.の融合が迫るなか、新たなプラットフォーム・アーキテクチャ戦略を熟考する自動車メーカー 画像
ビジネス

C.A.S.E.の融合が迫るなか、新たなプラットフォーム・アーキテクチャ戦略を熟考する自動車メーカー

フロスト&サリバンは、従来型プラットフォーム、マルチエネルギー・プラットフォーム(MEP)、EVプラットフォームの3つの異なるプラットフォームの存在を特定した。

【ベンガルール通信 その7】「今のインド」の時代感と時間感覚 画像
社会

【ベンガルール通信 その7】「今のインド」の時代感と時間感覚

南インドよりナマスカーラ!

【マイクロモビリティ ~ 知っておきたい、世界の大きな1マイル革命~】第6回 電動キックボードの進化と発展にみるマイクロモビリティの今後 画像
ビジネス

【マイクロモビリティ ~ 知っておきたい、世界の大きな1マイル革命~】第6回 電動キックボードの進化と発展にみるマイクロモビリティの今後

本シリーズの第3回において電動キックボードについて概観しましたが、今回は特に欧米に的を絞り、電動キックボードの技術的進化と「産業化」に向けた動きや公共交通を補完するものとしての発展可能性について考察します。

物流DXによる産業の革新(後編) 画像
ビジネス

物流DXによる産業の革新(後編)

物流を取り巻く事業環境は、今、まさに歴史的転換期を迎えつつある。これから先の四半世紀の間に、世界の仕組みは大きく変わるはずだ。

物流DXによる産業の革新(前編) 画像
ビジネス

物流DXによる産業の革新(前編)

2021年6月15日、政府は2025年度までの物流施策の指針を定めた「総合物流施策大綱」を閣議決定した。その最たる特徴は、今後の物流が目指すべき方向性として、「物流DXの推進」を第一に掲げたことだ。

CASE革命とスマートシティ、次世代モビリティの市場展望(後編) 画像
ビジネス

CASE革命とスマートシティ、次世代モビリティの市場展望(後編)

移動サービスと自動車産業の未来

【マイクロモビリティ ~ 知っておきたい、世界の大きな1マイル革命~】第5回 進化する自転車が拡張するマイクロモビリティ(後編) 画像
ビジネス

【マイクロモビリティ ~ 知っておきたい、世界の大きな1マイル革命~】第5回 進化する自転車が拡張するマイクロモビリティ(後編)

脱炭素と密回避時代の有力なモビリティとして世界的な需要が高まっている自転車について、本連載でも2回にわたり取り上げます。後編となる今回は、e-bikeをはじめとする電動自転車と、自転車が普及していく上での課題を中心に解説します。

CASE革命とスマートシティ、次世代モビリティの市場展望(前編) 画像
ビジネス

CASE革命とスマートシティ、次世代モビリティの市場展望(前編)

今回は、次世代モビリティの市場展望とCASE革命の最終章として、S:シェアリング&サービスについて深掘りをしつつ、「自動車メーカーが都市開発!?」一見領域外に思えるこの取り組みの必然性について考察してみたい。

【車内空間での体験価値の大進化】車載コンテンツが多様化する時代の自動車のコンセプト 画像
テクノロジー

【車内空間での体験価値の大進化】車載コンテンツが多様化する時代の自動車のコンセプト

今後の車載コンテンツは利用者の気持ちを動かすものになる。自動車の目的地には、それぞれふさわしい心理状態がある。今後の自動車は、物理的に身体を移動する(MOVEする)だけでなく、目的にふさわしい心理状態になるよう気持ちを動かす(MOVEする)機能が求められる。

【ベンガルール通信 その6】目に映る景色とその「背景」 画像
ビジネス

【ベンガルール通信 その6】目に映る景色とその「背景」

2021年6月初旬の本稿執筆時現在、インドは引き続き全土的なロックダウン中。一時は連日、40万人超の新規感染者が報じられ、日本でも大いに話のネタにされていた模様。本気の心配か興味本位か、各所から見舞いの連絡も相次いだ。

【次世代モビリティに向けた変革のススメ】いま必要なのは現状認識とトップの決断。日系メーカーに残された切り札とは? 画像
ビジネス

【次世代モビリティに向けた変革のススメ】いま必要なのは現状認識とトップの決断。日系メーカーに残された切り札とは?

自動車開発の“主戦場”は、やがてハードウエアからソフトウエアに移る。もちろん遠い未来の話ではない。すでに起こりはじめている「いま」の話だ。

【マイクロモビリティ ~ 知っておきたい、世界の大きな1マイル革命~】第4回 進化する自転車が拡張するマイクロモビリティ(前編) 画像
ビジネス

【マイクロモビリティ ~ 知っておきたい、世界の大きな1マイル革命~】第4回 進化する自転車が拡張するマイクロモビリティ(前編)

脱炭素と密回避時代の有力なモビリティとして世界的な需要が高まっている自転車について、本連載でも2回にわたり取り上げます。前編となる今回は、ハイエンドかつハイテク化が進む自転車が我々の移動にどのような影響を及ぼすのか、世界の事例とともに紹介します。

CASE革命と自動運転(後編) 画像
ビジネス

CASE革命と自動運転(後編)

昨年来コロナ禍の影響を受け、世界の半導体市場における需給バランスが崩れている。また、半導体大手ルネサスエレクトロニクスの工場火災が、自動車産業における今般の半導体不足に拍車をかけた。

EV普及のトリガーとは? ”環境に良い”だけでは人は動かない 画像
ビジネス

EV普及のトリガーとは? ”環境に良い”だけでは人は動かない

EV普及のトリガーは、「いかにユーザーに実利をもたらすか?」であり、今回は太陽光発電システムをベンチマーキングし、「環境価値の可視化」「金融スキームの構築」という2つの観点から、国内市場におけるEV普及のポイントについて考察した

【ベンガルール通信 その5】 「有料化」の動機と背景 画像
社会

【ベンガルール通信 その5】 「有料化」の動機と背景

南インドよりナマスカーラ!

ロジスティクスプラットフォーマーによる物流の最適化 画像
ビジネス

ロジスティクスプラットフォーマーによる物流の最適化

ロジスティクスプラットフォーマーの出現は、物流を真にインフラ化する。荷主企業は物流管理から解放されるだけではなく、全体最適の実現による物流費の低減も図れる。それは、インターネットの普及に勝るとも劣らぬインパクトを産業界にもたらすはずである。

CASE革命と自動運転(前編) 画像
テクノロジー

CASE革命と自動運転(前編)

「ホンダが世界初の自動運転レベル3を市販化」このニュースは昨年の12月に発信されたものであるが、さほど話題にもならず、他の話題に消される事となってしまった。

【マイクロモビリティ ~ 知っておきたい、世界の大きな1マイル革命~】 第3回 日本でも動き始めた電動キックボードの世界 画像
ビジネス

【マイクロモビリティ ~ 知っておきたい、世界の大きな1マイル革命~】 第3回 日本でも動き始めた電動キックボードの世界

日本での注目度が高まる電動キックボードについて、既に導入が進んでいる欧米先進国と、これから導入に向けた日本の動向について解説します。

BYD「e-Platform 3.0」発表 独自LFPブレードバッテリーと800V充電に対応、他社にも提供予定 画像
ビジネス

BYD「e-Platform 3.0」発表 独自LFPブレードバッテリーと800V充電に対応、他社にも提供予定

BYDは現在開催中の上海モーターショーで新型EVプラットフォーム「e-Platform 3.0」を発表、同時にこれを採用したコンセプトカー『EA1』と『X DREAMコンセプトカー』を発表した。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
Page 1 of 6