モビリティの進化が未来を変える

新エネルギー自動車

ロータス、新開発センターを英国に開設へ…電動技術などの中核拠点に 画像
テクノロジー

ロータス、新開発センターを英国に開設へ…電動技術などの中核拠点に

ロータスカーズ傘下のロータス・エンジニアリングは4月27日、「ロータス・アドバンスト・パフォーマンス・センター(LATC)」を2021年内に、英国に開設すると発表した。

ボッシュ、eモビリティに大規模な追加投資…2021年に7億ユーロ 画像
テクノロジー

ボッシュ、eモビリティに大規模な追加投資…2021年に7億ユーロ

ボッシュ(Bosch)は4月22日、2021年の1年だけでeモビリティ=電動ドライブシステムに対する大規模な追加投資を7億ユーロ(約910億円)行うと発表した。

ボッシュ、燃料電池関連技術に10億ユーロ以上を投資 2021-24年 画像
テクノロジー

ボッシュ、燃料電池関連技術に10億ユーロ以上を投資 2021-24年

ボッシュ(Bosch)は4月22日、2021年から2024年にかけて、燃料電池関連のテクノロジーに10億ユーロ(約1300億円)以上を投資する計画を発表した。

太陽光発電型EV向けタイヤ、ブリヂストンが特別仕様を提供---環境性能と運動性能を両立 画像
テクノロジー

太陽光発電型EV向けタイヤ、ブリヂストンが特別仕様を提供---環境性能と運動性能を両立

ブリヂストングループは、オランダ・ライトイヤー社の太陽光発電型電気自動車(EV)『ライトイヤーワン』向けに、環境性能と運動性能を両立するタイヤ技術「エンライトン」を搭載した特別仕様タイヤ「トランザ エコ」を開発したと発表した。

郵便局にEV用急速充電器を設置 日本郵政と東電が協力へ 画像
テクノロジー

郵便局にEV用急速充電器を設置 日本郵政と東電が協力へ

日本郵政、日本郵便、東京電力ホールディングスは4月23日、電気自動車(EV)用急速充電器を郵便局に整備するなどカーボンニュートラル社会実現に向けた戦略的提携の締結で合意した。

ビートル が4ドアで復活? EV『パンクキャット』を長城汽車が発表…上海モーターショー2021 画像
テクノロジー

ビートル が4ドアで復活? EV『パンクキャット』を長城汽車が発表…上海モーターショー2021

長城汽車(GWM)は4月19日、中国で開幕した上海モーターショー2021において、「ORA」ブランドの新型EV『パンクキャット』をワールドプレミアした。

BMWの新型EV『i4』に「Mスポーツ」、プロトタイプを発表…上海モーターショー2021 画像
テクノロジー

BMWの新型EV『i4』に「Mスポーツ」、プロトタイプを発表…上海モーターショー2021

BMWグループは4月19日、中国で開幕した上海モーターショー2021において、新型EVのBMW『i4』(BMW i4)の「Mスポーツ」のプロトタイプをワールドプレミアした。

ホンダ、2040年に世界の新車は全てEVとFCVに…三部社長が就任初会見で表明 画像
ビジネス

ホンダ、2040年に世界の新車は全てEVとFCVに…三部社長が就任初会見で表明

ホンダの三部敏宏社長は4月23日、就任して初めての記者会見をオンラインで開き、四輪車の電動化方針について、2040年に世界での販売の全てをEV(電気自動車)とFCV(燃料電池車)とする意欲的な計画を公表した。

2021年は「EQ」ラッシュ!? メルセデスベンツのEVミドルセダン『EQE』は9月発表か 画像
テクノロジー

2021年は「EQ」ラッシュ!? メルセデスベンツのEVミドルセダン『EQE』は9月発表か

メルセデスベンツは4月にフラッグシップセダン『EQS』、3列シートSUV『EQB』と、EVブランド「EQ」シリーズを立て続けにワールドプレミア。積極的な電動化を猛アピールしている。そんな中、早くも次の一手となるミドルクラスセダン『EQE』の発表が近づいているようだ。

メルセデスベンツ、小型電動ミニバンコンセプト『EQT』発表へ 5月10日 画像
ビジネス

メルセデスベンツ、小型電動ミニバンコンセプト『EQT』発表へ 5月10日

メルセデスベンツは4月20日、『コンセプトEQT』(Mercedes-Benz Concept EQT)を、5月10日に初公開すると発表した。

キャデラック初のEV『リリック』、航続は483km以上…米国発表 画像
テクノロジー

キャデラック初のEV『リリック』、航続は483km以上…米国発表

◆新世代の電動車向けアーキテクチャ「アルティウム」 ◆縦長LEDヘッドライトや33インチの大型LEDスクリーン ◆高速道路でハンズフリー走行を可能にする「スーパー・クルーズ」

VW『ID.6』発表、電動シリーズ初の3列シートSUV…上海モーターショー2021 画像
テクノロジー

VW『ID.6』発表、電動シリーズ初の3列シートSUV…上海モーターショー2021

◆『ID.6 X』と『ID.6 CROZZ』の2種類を設定 ◆1回の充電での航続は最大588km ◆高速道路での部分自動運転を可能にする「トラベルアシスト」

メルセデスベンツ GLB のEV『EQB』、航続478km…上海モーターショー2021 画像
テクノロジー

メルセデスベンツ GLB のEV『EQB』、航続478km…上海モーターショー2021

◆3列目シートは身長165cmまでの乗員向け ◆メルセデスEQ専用デザインのエクステリア ◆最新の「MBUX」を備えたワイドスクリーンコックピット ◆ルート途中での充電に配慮したナビシステム

メルセデスベンツ EQC の価格引き下げ、1080万円から895万円に---装備設定見直し 画像
テクノロジー

メルセデスベンツ EQC の価格引き下げ、1080万円から895万円に---装備設定見直し

メルセデス・ベンツ日本は、電気自動車(EV)『EQC400 4マチック』の一部装備を見直すとともに価格を1080万円から895万円に引き下げ、4月20日より予約注文の受付を開始した。納車は6月頃を予定。

VWから高性能EVブランド「GTX」、第一弾は電動SUV『ID.4』ベース 4月28日発表へ 画像
テクノロジー

VWから高性能EVブランド「GTX」、第一弾は電動SUV『ID.4』ベース 4月28日発表へ

フォルクスワーゲンは4月16日、新たな高性能車ブランド「GTX」の最初のモデルとして、新型EVの『ID.4 GTX』(Volkswagen ID.4 GTX)を4月28日、デジタルワールドプレミアすると発表した。

欧州新車販売が3年ぶりに増加、日本メーカーはトヨタが唯一プラス 2021年第1四半期 画像
ビジネス

欧州新車販売が3年ぶりに増加、日本メーカーはトヨタが唯一プラス 2021年第1四半期

◆EVスポーツのタイカンが好調なポルシェは13.5%増 ◆ステランティスはプジョー/シトロエン、フィアット/ジープが回復 ◆アルピーヌは45.5%増と大きく増加 ◆トヨタはヤリスが新型効果で7%増と回復

中国初のホンダブランドEV 登場、量産モデルは来春発売へ…上海モーターショー2021 画像
テクノロジー

中国初のホンダブランドEV 登場、量産モデルは来春発売へ…上海モーターショー2021

ホンダは4月19日に開幕した上海モーターショー2021にて、中国初となるホンダブランド電気自動車(EV)のプロトタイプモデル『SUV e:プロトタイプ』を世界初公開した。

三菱自動車、新型電動SUV『エアトレック』のデザイン公開…上海モーターショー2021 画像
テクノロジー

三菱自動車、新型電動SUV『エアトレック』のデザイン公開…上海モーターショー2021

三菱自動車の中国における車両生産・販売合弁会社である広汽三菱は4月19日、上海モーターショーにて電気自動車(EV)の新型SUV『エアトレック』のデザインを公開した。

トヨタとスバルの共同開発EV『bZ4X』発表、2022年発売へ…上海モーターショー2021 画像
テクノロジー

トヨタとスバルの共同開発EV『bZ4X』発表、2022年発売へ…上海モーターショー2021

◆ダイハツとスズキもbZ4Xに続くEVの共同開発プロジェクトに参画 ◆EV専用プラットフォーム ◆スバルと共同開発した新AWDシステム

EVのバッテリー、低価格化に限界…コスト改善の新たな分野は? ラックスリサーチ 画像
テクノロジー

EVのバッテリー、低価格化に限界…コスト改善の新たな分野は? ラックスリサーチ

電気自動車の製造コストは、出力75kWhクラスで、現在の1万2700ドルから2040年には7000ドルを下回る額で製造されるという。バッテリーから最大限の走行距離を引き出すため、バッテリーパックや車両の設計に今後いっそう重点が置かれる。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 最後
Page 1 of 16