モビリティの進化が未来を変える

トラック(5ページ中4ページ目)

トヨタ、FCシステムをパッケージ化したモジュールを開発…様々な製品に活用可能 画像
テクノロジー

トヨタ、FCシステムをパッケージ化したモジュールを開発…様々な製品に活用可能

トヨタ自動車は燃料電池(FC)システムをパッケージ化したFCモジュールを開発、2021年春以降(予定)に販売を開始すると発表した。FCモジュールはトラック・バス・鉄道・船舶などのモビリティや定置式発電機など、様々なFC製品に活用できる。

ダイムラートラックの中型エンジン、カミンズが開発・生産へ…両社が戦略的提携で合意 画像
ビジネス

ダイムラートラックの中型エンジン、カミンズが開発・生産へ…両社が戦略的提携で合意

ダイムラートラック(Daimler Truck)は2月23日、米国に本拠を置くエンジンメーカーのカミンズ(Cummins)との間で、グローバル規模の戦略的提携を結ぶことで合意した、と発表した。

テスラ初のEVピックアップトラック『サイバートラック』、最終デザインを確認…マスクCEO 画像
テクノロジー

テスラ初のEVピックアップトラック『サイバートラック』、最終デザインを確認…マスクCEO

◆従来のピックアップトラックにはない斬新なデザイン ◆トリプルモーター仕様は0~96km/h加速2.9秒以内 ◆17インチの大型タッチスクリーン ◆本格的な量産は2022年からの予定

三菱ふそう eキャンター、世界納車台数が200台超え…延べ走行距離は300万km以上 画像
ビジネス

三菱ふそう eキャンター、世界納車台数が200台超え…延べ走行距離は300万km以上

ダイムラー・トラックは2月19日、傘下の三菱ふそうトラック・バスの量産EV小型トラック『eキャンター』の世界納車台数が200台を超えた、と発表した。

UDトラックス クオン、横浜ゴムのタイヤ空気圧モニタリングシステムを採用 画像
テクノロジー

UDトラックス クオン、横浜ゴムのタイヤ空気圧モニタリングシステムを採用

横浜ゴムのトラック・バス用タイヤ空気圧モニタリングシステム(TPMS)「HiTES(ハイテス)4」が純正オプションとしてUDトラックスのフラッグシップ大型トラック『クオン』に採用された。対象は4軸車CG、3軸車CD、2軸トラクターヘッドGKの国内向け車両。

ダイムラー、アマゾンを優先クラウドプロバイダーに…自動運転トラックのデータを高速処理 画像
テクノロジー

ダイムラー、アマゾンを優先クラウドプロバイダーに…自動運転トラックのデータを高速処理

ダイムラー(Daimler)は2月17日、自動運転トラックの実用化に向けて、子会社で自動運転技術を手がけるトルク・ロボティクス社が優先クラウドプロバイダーとして、アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)を選択した、と発表した。

プジョー『ランドトレック』、新型ピックアップトラックを中東アフリカ市場に投入 画像
ビジネス

プジョー『ランドトレック』、新型ピックアップトラックを中東アフリカ市場に投入

◆欧州以外の市場での成長を狙う戦略車に ◆ピックアップトラックは1979年の504ピックアップ以来 ◆プジョーの最新デザイン言語 ◆オフロード性能を追求

住友ゴム、米国工場のタイヤ生産能力を増強---128億円を投資 画像
ビジネス

住友ゴム、米国工場のタイヤ生産能力を増強---128億円を投資

住友ゴム工業は、好調な北米市場での需要に対応するため、米国工場における乗用車・ライトトラック用タイヤの生産能力を現在の日産6500本から2023年末までに1万2000本に増強すると発表した。投資額は9600万ドル(約101億円)。

いすゞ、小型電気トラックを量販開始 2022年度から 画像
テクノロジー

いすゞ、小型電気トラックを量販開始 2022年度から

いすゞ自動車は2月8日、カーボンニュートラル社会の実現に向けて電動化の取り組みを強化すると発表した。

軽トラに搭載する屋台ユニット、地域活性の取り組み ダイハツなど実証実験へ 画像
ビジネス

軽トラに搭載する屋台ユニット、地域活性の取り組み ダイハツなど実証実験へ

三重県いなべ市とダイハツ工業、グリーンクリエイティブいなべ(GCI)の3者は、いなべ市の豊かな山辺資源の活用と地域活性化を目的に、軽トラックに搭載可能な屋台ユニット「モバイル-ヒュッテ」の実証実験を2月20日から開始する。

駅のスマートコインロッカーを利用したECサービス 西武HDが実証実験予定 画像
ビジネス

駅のスマートコインロッカーを利用したECサービス 西武HDが実証実験予定

西武ホールディングスは2月4日、トラックドライバー不足が社会問題となっている中、再配達削減とインターネット通販(EC)需要開拓に向けて、スマートコインロッカーを活用した駅配サービス「ボピスタ」の実証実験を2月8日から開始すると発表した。

ダイムラー、メルセデスベンツに社名変更へ…ダイムラートラックは分社化 画像
ビジネス

ダイムラー、メルセデスベンツに社名変更へ…ダイムラートラックは分社化

ダイムラー(Daimler)は2月3日、近い将来、社名を「メルセデスベンツ」に変更することを決定した、と発表した。

GMの新世代燃料電池、量産トラックに搭載…小型設計の「パワーキューブ」 画像
テクノロジー

GMの新世代燃料電池、量産トラックに搭載…小型設計の「パワーキューブ」

GM(General Motors)は1月27日、新世代燃料電池システムの「ハイドロテック(Hydrotec)」を商用車大手のナビスターに供給し、ナビスターの量産燃料電池車(FCEV)『インターナショナルRHTM』シリーズに搭載すると発表した。

ボルグワーナー、日産にトランスファーケースを初供給…電動モーターで駆動モード切り替え 画像
テクノロジー

ボルグワーナー、日産にトランスファーケースを初供給…電動モーターで駆動モード切り替え

ボルグワーナー(BorgWarner)は1月26日、日産自動車のピックアップトラックの『ナバラ』とSUVの『パラディン』向けに、高耐久型のパートタイムトランスファーケースを供給する契約を締結した、と発表した。

冬用タイヤの点検義務付け---トラック・バス運送事業の整備管理者と運行管理者に 画像
社会

冬用タイヤの点検義務付け---トラック・バス運送事業の整備管理者と運行管理者に

国土交通省は1月26日、トラック・バス運送事業者に冬用タイヤの安全性を確認することをルール化したと発表した。

いすゞ フォワード、国内中型トラック初の交差点警報を搭載 画像
テクノロジー

いすゞ フォワード、国内中型トラック初の交差点警報を搭載

いすゞ自動車は、中型トラック『フォワード』の先進安全装備を拡充し、1月21日より販売を開始した。

高速道路のDXについて、全国トラック協会などからヒアリング 国交省 画像
社会

高速道路のDXについて、全国トラック協会などからヒアリング 国交省

国土交通省は、ETC専用など、持続可能な高速道路システムに関する制度について議論するため、第47回国土幹線道路部会を1月20日に開催すると発表した。

冬用タイヤの安全確認を義務付けへ---雪道を走行するトラック・バスの事業者 画像
社会

冬用タイヤの安全確認を義務付けへ---雪道を走行するトラック・バスの事業者

国土交通省は1月15日、大雪による大型車両が立ち往生するケースが相次いでいることから、旅客自動車運送事業運輸規則の解釈及び運用などを一部改正して、雪道を走行する可能性がある場合、事業者に冬用タイヤの安全確認を義務付けると発表した。

トラックドライバー向け、貨物列車の位置・遅延情報を提供 JR貨物がアプリを開発 画像
ビジネス

トラックドライバー向け、貨物列車の位置・遅延情報を提供 JR貨物がアプリを開発

JR貨物は1月13日、トラックドライバーに貨物列車の位置や遅延情報を提供する「トラックドライバー用アプリ(仮称)」の試運用を、2021年度下期から全国6駅で開始すると発表した。

トラックの入出庫と倉庫の搬送を無人自動化 ZMPとシーイーシーがサービスを共同開発へ 画像
ビジネス

トラックの入出庫と倉庫の搬送を無人自動化 ZMPとシーイーシーがサービスを共同開発へ

ZMPはシーイーシーと提携し、物流ロボットの「キャリロ」とバース管理システムを連携し、トラックの入出庫と倉庫・工場間の無人搬送を連携して提供するサービスを開発する。ZMPが1月14日、発表した。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Page 4 of 5