モビリティの進化が未来を変える

矢野経済研究所

自動車EV化で車載ディスプレイは進化、部材メーカーに好機到来…矢野経済研究所 画像
テクノロジー

自動車EV化で車載ディスプレイは進化、部材メーカーに好機到来…矢野経済研究所

矢野経済研究所は、車載ディスプレイ部材世界市場を調査し、セグメント別の動向、参入企業動向、将来展望を発表。「2021年版 車載ディスプレイ部材市場の展望と戦略」にまとめた。

車載用パワーモジュール世界市場、2030年には3.9倍に拡大…矢野経済研究所 画像
ビジネス

車載用パワーモジュール世界市場、2030年には3.9倍に拡大…矢野経済研究所

矢野経済研究所は、車載用パワーモジュール世界市場の調査を実施。xEVの普及拡大に伴い、2030年には2021年比3.9倍の1兆0338億円に達すると予測した。

カーボンナノチューブ世界出荷量、電動化加速で2025年に1万トン突破…矢野経済研究所 画像
ビジネス

カーボンナノチューブ世界出荷量、電動化加速で2025年に1万トン突破…矢野経済研究所

矢野経済研究所は、カーボンナノチューブ(CNT)世界市場に関する調査を実施。世界出荷量は2025年に1万トンの大台突破を予測した。

今後の自動車業界、ビッグデータ活用・運用が競争のポイント…矢野経済研究所 画像
ビジネス

今後の自動車業界、ビッグデータ活用・運用が競争のポイント…矢野経済研究所

矢野経済研究所は、大きな変化に直面する自動車産業の将来動向について、IT・データの観点から調査・研究を実施。その結果、同社はMIC(モビリティ・インフォメーション・サークル)の構築が今後の競争上のポイントになると指摘している。

次世代モビリティ、2030年国内販売台数は10万2700台と予測…矢野経済研究所 画像
ビジネス

次世代モビリティ、2030年国内販売台数は10万2700台と予測…矢野経済研究所

矢野経済研究所は、次世代モビリティ市場に関する調査を実施。2030年の国内販売台数を10万2700台と予測した。

ワイヤレス給電世界市場、2021年は前年比1.5%増の4301億円 矢野経済が展望 画像
テクノロジー

ワイヤレス給電世界市場、2021年は前年比1.5%増の4301億円 矢野経済が展望

矢野経済研究所は、世界のワイヤレス給電市場を調査し、主要国の標準化及び政策動向、アプリケーション別動向、将来展望を明らかにした。

競争軸はCASEから軽量化へ、車載用CFRP世界市場、2030年には87%増の2169億に 画像
ビジネス

競争軸はCASEから軽量化へ、車載用CFRP世界市場、2030年には87%増の2169億に

矢野経済研究所は、車載用CFRP(炭素繊維強化プラスチック)の世界市場を調査し、成形法別、エリア別、採用部位別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。

xEV市場の現状と展望 サスティナブルなxEVとは?…矢野経済研究所 田中善章氏[インタビュー] 画像
セミナー

xEV市場の現状と展望 サスティナブルなxEVとは?…矢野経済研究所 田中善章氏[インタビュー]

世界中で電動化の流れがさらに加速するいっぽう、足元のxEV(電動車全般)市場は政策依存の側面も否定できない。

2020年のLiB主要4部材市場は前年比13.1%増、コロナ禍でも成長を維持 矢野経済調べ 画像
ビジネス

2020年のLiB主要4部材市場は前年比13.1%増、コロナ禍でも成長を維持 矢野経済調べ

矢野経済研究所は、リチウムイオン電池(LiB)主要4部材世界市場の調査結果を発表。コロナ禍でも車載用および民生小型機器用LiBは成長を維持していることが明らかになった。

自動車関連メーカー従事者、新車販売の回復は「2022年」と予測 矢野経済調べ 画像
ビジネス

自動車関連メーカー従事者、新車販売の回復は「2022年」と予測 矢野経済調べ

矢野経済研究所は、「アフターコロナの自動車産業」に関する法人アンケート調査を実施。分析結果の一部を公表した。

    Page 1 of 1