モビリティの進化が未来を変える

メルセデスベンツ

メルセデスベンツ、次世代EV向け全固体電池を共同開発へ…航続5割延長も可能に 画像
テクノロジー

メルセデスベンツ、次世代EV向け全固体電池を共同開発へ…航続5割延長も可能に

メルセデスベンツは11月30日、次世代EV向けの全固体電池技術を、Factorial Energy社と共同開発すると発表した。早ければ2022年にも、プロトタイプセルをテストする計画だ。

メルセデスベンツの次世代EV、航続は1000kmに…『ヴィジョンEQXX』発表 2022年1月 画像
テクノロジー

メルセデスベンツの次世代EV、航続は1000kmに…『ヴィジョンEQXX』発表 2022年1月

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)乗用車部門のマルクス・シェーファーCOO(最高執行責任者)は、2022年1月3日にコンセプトカーの『ヴィジョンEQXX』を初公開すると発表した。

メルセデスベンツ、新型高性能モーターを2022年から生産へ…電動車を拡大 画像
テクノロジー

メルセデスベンツ、新型高性能モーターを2022年から生産へ…電動車を拡大

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は11月18日、新開発の高性能モーターの生産を、2022年からドイツ・ベルリン工場で行うと発表した。

ダイムラートラック、12月10日に株式上場…電動化を加速 画像
ビジネス

ダイムラートラック、12月10日に株式上場…電動化を加速

ダイムラートラック(Daimler Truck)は11月11日、ドイツのフランクフルト証券取引所に12月10日、株式を上場すると発表した。

メルセデスベンツがビザと提携、指紋認証で車内での決済が可能に 画像
テクノロジー

メルセデスベンツがビザと提携、指紋認証で車内での決済が可能に

ダイムラーは11月8日、ビザ(VISA)と新たな提携を結び、メルセデスベンツの車内で指紋認証による決済サービスを開始すると発表した。2022年春から欧州のメルセデスベンツの顧客は、指紋認証を使用して、商品やサービスの支払いを車内で行うことができるようになる。

メルセデスベンツ Cクラス 新型にPHV、EVモードは最大111km…受注を欧州で開始 画像
テクノロジー

メルセデスベンツ Cクラス 新型にPHV、EVモードは最大111km…受注を欧州で開始

◆PHVシステム全体で313hpのパワーと56.1kgmのトルク ◆都市部の長距離走行ではEVモードを優先 ◆DCチャージャーを使うとバッテリーは約30分で充電可能

新型『Cクラス』の納期は来年7月? 輸入車が入ってこない事情とその理由 画像
ビジネス

新型『Cクラス』の納期は来年7月? 輸入車が入ってこない事情とその理由

新車の納期が全般的に遅れている。それは日本車だけでなく、輸入車にも当てはまる。2021年9月における正規輸入車(海外メーカー車)の登録台数は、前年の9月に比べて約15%減少。国内市場全体では、前年比32%減少している。

メルセデスベンツ、インテリジェント交差点制御システムをテストへ…車両と信号機が通信 画像
テクノロジー

メルセデスベンツ、インテリジェント交差点制御システムをテストへ…車両と信号機が通信

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は、米国カリフォルニア州ロングビーチ市との間で官民パートナーシップを締結し、都市交通管理を改善し、住みやすさを向上させる新たな交通技術システムを開発する。9月23日、メルセデスベンツが発表した。

メルセデスベンツ、ステランティスの電池合弁に参画…EV向けバッテリーを欧州最大規模で生産へ 画像
テクノロジー

メルセデスベンツ、ステランティスの電池合弁に参画…EV向けバッテリーを欧州最大規模で生産へ

ステランティスは9月24日、トタルエナジーズとのバッテリー製造合弁会社の「Automotive Cells Company(ACC)」に、メルセデスベンツが参画すると発表した。

メルセデスベンツ Sクラス 新型でレベル3の自動運転が可能に、ヒアのデジタル地図搭載へ…IAAモビリティ2021 画像
テクノロジー

メルセデスベンツ Sクラス 新型でレベル3の自動運転が可能に、ヒアのデジタル地図搭載へ…IAAモビリティ2021

ヒアテクノロジーズ(HERE Technologies、以下ヒア)は9月6日、ドイツで開幕したIAAモビリティ2021において、同社の「HDライブマップ」が2021年内に、メルセデスベンツ『Sクラス』新型の「DRIVE PILOT」に搭載されると発表した。

次世代スマート、全幅1910mmの電動SUVに…IAAモビリティ2021 画像
テクノロジー

次世代スマート、全幅1910mmの電動SUVに…IAAモビリティ2021

◆まったく新しいデザインDNA ◆ビジネスセダンの快適さと広さを追求したインテリア ◆12.8インチのディスプレイを備えた3Dタッチスクリーン

未来のメルセデスベンツは横にも動く、『ヴィジョンAVTR』…IAAモビリティ2021 画像
テクノロジー

未来のメルセデスベンツは横にも動く、『ヴィジョンAVTR』…IAAモビリティ2021

◆映画『アバター』と協力 ◆爬虫類のようなフォルム ◆センターコンソールに手を置くだけで直感的に車両を制御 ◆合計出力476hp以上の4モーター搭載 ◆1回の充電での航続は最大700km以上

メルセデスベンツ『EQE』、Eクラス のEVは航続660km…IAAモビリティ2021 画像
テクノロジー

メルセデスベンツ『EQE』、Eクラス のEVは航続660km…IAAモビリティ2021

◆Eクラスと同じくビジネスサルーンらしさを受け継いだデザイン ◆Eクラスよりも縦方向に80mm広い室内 ◆「EQE350」グレードのモーターは最大出力292hp

メルセデスベンツ Gクラス にEV版、『EQG』発表…IAAモビリティ2021に展示へ 画像
テクノロジー

メルセデスベンツ Gクラス にEV版、『EQG』発表…IAAモビリティ2021に展示へ

◆2020年代の終わりまでに全モデルを電動化 ◆Gクラスのデザインを維持しながらEVであることを明確化 ◆各車輪の近くに4つの電気モーターが配置され個別に制御可能に

メルセデスベンツの新型ミニバン『シタン』、車中泊仕様でデビュー 画像
ビジネス

メルセデスベンツの新型ミニバン『シタン』、車中泊仕様でデビュー

外寸が乗用車と近い大きさのキャンパーバンが人気だ。日本だけなく欧州でも人気が高まっており、メルセデスベンツは新型ミニバン『シタン』の車中泊仕様を、27日から独デュッセルドルフで開催中のキャラバンサロンに出展した。

メルセデスベンツ Sクラス 新型の防弾仕様、ドイツの防弾性能規格で最高を達成 画像
ビジネス

メルセデスベンツ Sクラス 新型の防弾仕様、ドイツの防弾性能規格で最高を達成

◆新型では専用のボディシェルを開発 ◆新開発のドアアクチュエータで重いドアの開閉を楽に ◆アサルトライフルの銃弾にボディと窓ガラスが耐える ◆V12ツインターボは最大出力612hp

メルセデスAMG 「Eパフォーマンス」、最初の高性能ハイブリッド車発表へ…IAAモビリティ2021 画像
テクノロジー

メルセデスAMG 「Eパフォーマンス」、最初の高性能ハイブリッド車発表へ…IAAモビリティ2021

◆メルセデスAMGのパフォーマンス指向の電動化テクノロジー ◆モーターは最大出力204hp ◆メルセデスAMGが開発した高性能バッテリー「HPB」 ◆ハイブリッドシステム全体のパワーは815hp以上

メルセデスAMG、ブランド初のEV発表へ…IAAモビリティ2021 画像
テクノロジー

メルセデスAMG、ブランド初のEV発表へ…IAAモビリティ2021

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は7月29日、ドイツで9月に開催されるIAAモビリティ2021において、メルセデスAMGブランド初のEVを初公開すると発表した。

ダイムラー、メルセデスベンツグループに社名変更へ…2022年2月1日付け 画像
ビジネス

ダイムラー、メルセデスベンツグループに社名変更へ…2022年2月1日付け

ダイムラー(Daimler)は7月30日、2022年2月1日付けでダイムラーの社名を、メルセデスベンツグループに変更すると発表した。

メルセデスベンツの高級電動SUV『EQS』、航続は780km 年内欧州発売へ 画像
テクノロジー

メルセデスベンツの高級電動SUV『EQS』、航続は780km 年内欧州発売へ

◆0-100km/h加速4.3秒で最高速は210km/h ◆EQCよりも26%大容量化したバッテリー ◆全長5216mmの大型EVサルーンは前面空気抵抗を示すCd値0.20 ◆ダッシュボード全面が「MBUXハイパースクリーン」に

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
Page 1 of 4