モビリティの進化が未来を変える

自動運転

「モビリティ=陸上」という固定概念を超える 無人運航船の可能性 画像
ビジネス

「モビリティ=陸上」という固定概念を超える 無人運航船の可能性

Autonomousというと、とかく自動車に目を向けがちだが、「陸上」だけではなく、「海上」でも同様のイノベーションが起きようとしている。「モビリティ=陸上」という固定概念を超えることこそが、モビリティビジネスでのDXを生み出すはずだ。

欧州自動車メーカーが自動駐車を共同開発、BMWは iX で実演…IAAモビリティ2021 画像
テクノロジー

欧州自動車メーカーが自動駐車を共同開発、BMWは iX で実演…IAAモビリティ2021

BMWグループ(BMW Group)はIAAモビリティ2021において、自動バレーパーキングのデモンストレーションを行った。

ソニーが手がける次世代モビリティ、アンシスのシミュレーション最新トレンドとは 画像
テクノロジー

ソニーが手がける次世代モビリティ、アンシスのシミュレーション最新トレンドとは

「Ansys INNOVATION CONFERENCE 2021」で、ソニーグループ川西泉常務、アンシス・ジャパン芳村貴正専務執行役員、清水和夫モデレーターが、「くるまの魅力、モビリティの可能性を探る旅」をテーマに語り合った。

【池原照雄の単眼複眼】日産とホンダが自動運転車サービスの公道実験…交通の“空白”を埋める事業化に期待 画像
テクノロジー

【池原照雄の単眼複眼】日産とホンダが自動運転車サービスの公道実験…交通の“空白”を埋める事業化に期待

自動運転車両によるモボリティサービスの実用化に向けた実証実験が今月、日本の自動車メーカー2社によって始まる。日産自動車が横浜市、ホンダが栃木県の宇都宮市および芳賀町で着手するもので、いずれも公道での実験だ。

メルセデスベンツ Sクラス 新型でレベル3の自動運転が可能に、ヒアのデジタル地図搭載へ…IAAモビリティ2021 画像
テクノロジー

メルセデスベンツ Sクラス 新型でレベル3の自動運転が可能に、ヒアのデジタル地図搭載へ…IAAモビリティ2021

ヒアテクノロジーズ(HERE Technologies、以下ヒア)は9月6日、ドイツで開幕したIAAモビリティ2021において、同社の「HDライブマップ」が2021年内に、メルセデスベンツ『Sクラス』新型の「DRIVE PILOT」に搭載されると発表した。

日産、自動運転「Easy Ride」で新ステップ…9月21日から横浜で実証実験 画像
テクノロジー

日産、自動運転「Easy Ride」で新ステップ…9月21日から横浜で実証実験

日産自動車は9月9日、報道関係者向けに自動運転車両によるオンデマンド配車サービスである「Easy Ride」の新たな実証実験に関する説明会を開いた。これまでの実験に比べ、車両の乗員を2人から1人とするなど実用化への新たなアプローチを進める。

自動運転系コンセプトカーにみるアウディとボルボの違い…IAAモビリティ2021 画像
テクノロジー

自動運転系コンセプトカーにみるアウディとボルボの違い…IAAモビリティ2021

今年のミュンヘンモーターショー(IAAモビリティ2021)は、妄想全開のコンセプトカーよりもすぐに市販可能なEVの新型モデルが目立つ。その中、アウディ、ボルボは正統派近未来コンセプトカーの王道を行っていた。

ホンダ、2022年に公道で自動運転サービスの実証実験…GMと共同で事業化へ 画像
テクノロジー

ホンダ、2022年に公道で自動運転サービスの実証実験…GMと共同で事業化へ

ホンダは9月8日、オンラインによるメディア向け説明会を開き、米GM(ゼネラルモーターズ)と共同で行う日本での自動運転モビリティサービス事業について、今月から高精度地図の作成など技術の実証実験を始めると明らかにした。

東京2020選手村で事故、自動運転技術のリテラシーが問われる[論点整理] 画像
社会

東京2020選手村で事故、自動運転技術のリテラシーが問われる[論点整理]

事故原因や分析については、新聞から業界誌、個人ブログまであらゆるところでされている。それぞれの持っている情報や立場もあり、議論百出の感がある。それらの論点を主に技術的観点から整理してみた。

「自動運転の可能性を、すべての工場へ」ヤマハ発動機やティアフォーなど、工場向け自動搬送サービス「eve auto」開発 画像
テクノロジー

「自動運転の可能性を、すべての工場へ」ヤマハ発動機やティアフォーなど、工場向け自動搬送サービス「eve auto」開発

ヤマハ発動機、ティアフォー、eve autonomy(イヴオートノミー)の3社は、新型自動運転EVを共同で開発。この新型自動運転EVを使った自動搬送サービス「eve auto」の先行受注を開始し、2022年夏からの本格投入する。

「スマートバス停」が福岡県みやま市の自動運転サービスと連携、実証実験へ 画像
ビジネス

「スマートバス停」が福岡県みやま市の自動運転サービスと連携、実証実験へ

福岡県みやま市で展開する「みやま市自動運転サービス」で、株式会社 YE DIGITALと西鉄エム・テック株式会社が提供する「スマートバス停」と連携する実証実験を2021年9月から開始する。

アウディ、2030年までの企業戦略を発表…「技術による先進」の継続目指す 画像
ビジネス

アウディ、2030年までの企業戦略を発表…「技術による先進」の継続目指す

◆品質とデザインを通じてアウディのEVをライバルと差異化 ◆アウディ車に明確で紛れもないDNAを与える ◆VWグループの自動車ソフトウェア企業「CARIAD」が重要な役割

VRイベントでバイクの魅力を体感、DXを推進するヤマハの新たな取り組みとは 画像
テクノロジー

VRイベントでバイクの魅力を体感、DXを推進するヤマハの新たな取り組みとは

ヤマハ発動機は、8月28日までバーチャルリアリティ(VR)上で開催中の「バーチャルマーケット6」に2種類のモーターサイクルを出品。VRワールド内を移動できる無料のシェアライドサービスを提供している。

ZMP、自動運転/AI技術開発用ロボットカーにMATLAB/Simulinkとの連携オプションを設定 画像
テクノロジー

ZMP、自動運転/AI技術開発用ロボットカーにMATLAB/Simulinkとの連携オプションを設定

ZMPは、自動運転/AI技術開発用ロボットカー「RoboCar 1/10X」のオプション製品として、数値計算の統合環境「MATLAB/Simulink」への対応を可能とする「RoboCar 1/10X MATLABコネクション2021」の販売を8月25日に開始した。

グーグル、第5世代の自動運転システム搭載ロボタクシーの実験開始…米サンフランシスコ 画像
テクノロジー

グーグル、第5世代の自動運転システム搭載ロボタクシーの実験開始…米サンフランシスコ

グーグルの自動運転車開発部門のウェイモ(Waymo)は8月24日、米国カリフォルニア州サンフランシスコにおいて、第5世代の自動運転システムを搭載するロボタクシーの実証実験を開始した、と発表した。

グッドイヤー、大型トラックの自動運転技術を共同開発…戦略的提携を締結 画像
テクノロジー

グッドイヤー、大型トラックの自動運転技術を共同開発…戦略的提携を締結

グッドイヤー・タイヤ&ラバー・カンパニー(以下、グッドイヤー)は8月23日、大型トラックの自動運転技術を手がけるPlus社との間で、戦略的提携を締結した、と発表した。

ボッシュのコンセプトカー、未来のモビリティに対応…IAAモビリティ2021で発表へ 画像
テクノロジー

ボッシュのコンセプトカー、未来のモビリティに対応…IAAモビリティ2021で発表へ

ボッシュ(Bosch)は8月16日、ドイツで9月に開催される「IAAモビリティ2021」において、新たなコンセプトカーを初公開すると発表した。

名古屋市鶴舞エリアで自動運転バスの実証実験 WILLER・名鉄バスなど共同で 画像
ビジネス

名古屋市鶴舞エリアで自動運転バスの実証実験 WILLER・名鉄バスなど共同で

WILLER株式会社と名鉄バス株式会社と国立大学法人名古屋工業大学とイオンタウン株式会社の3者は共同で、名古屋市鶴舞周辺の公道で自動運転の実証実験を実施する。

トヨタ・ウーブンプラネット、高精度地図開発の米・カーメラを買収 画像
ビジネス

トヨタ・ウーブンプラネット、高精度地図開発の米・カーメラを買収

トヨタグループでソフトウェアを中心としたモビリティの開発を担うウーブン・プラネットは8月18日、次世代道路情報解析に強みを持つ米国・カーメラの買収を完了したと発表した。

世界初、移動遠隔自動運転の無人交番をドバイへ納車 三笠製作所 画像
テクノロジー

世界初、移動遠隔自動運転の無人交番をドバイへ納車 三笠製作所

三笠製作所は、ドバイ警察と共同開発を進めてきた世界初の移動式交番「SPS-AMV」(Smart Police Station-Autonomous Mobile Vehicle)の2号機を、10月1日に開幕するドバイ国際博覧会(ドバイ万博)に向けて納車すると発表した。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 最後
Page 1 of 10