モビリティの進化が未来を変える

CASE

CASE革命と自動運転(前編) 画像
テクノロジー

CASE革命と自動運転(前編)

「ホンダが世界初の自動運転レベル3を市販化」このニュースは昨年の12月に発信されたものであるが、さほど話題にもならず、他の話題に消される事となってしまった。

モビリティが本当に必要なのは誰? パーソナライズ化の鍵は汎用性にある 画像
ビジネス

モビリティが本当に必要なのは誰? パーソナライズ化の鍵は汎用性にある

モビリティで移動はさらに便利になる

【次世代モビリティに向けた変革のススメ】日本の完成車メーカーが直面する真の課題 画像
ビジネス

【次世代モビリティに向けた変革のススメ】日本の完成車メーカーが直面する真の課題

本連載では、CASE(コネクティッド化、自動運転化、シェアリング/サービス化、電動化)へと舵を切った自動車業界が抱える課題とその先に待ち構える未来について、自動車産業領域を担当するアクセンチュアのスペシャリストたちが語る。

CASE時代の自動車サプライチェーン(後編) 画像
ビジネス

CASE時代の自動車サプライチェーン(後編)

自動車の調達・生産プロセスは車体構造の変化だけに影響を受けるわけではない。シェアリングによる使い方の変化にも注視すべきである。

CASE時代の自動車サプライチェーン(前編) 画像
ビジネス

CASE時代の自動車サプライチェーン(前編)

2021年3月24日、いすゞ自動車、日野自動車、トヨタ自動車の3社は、商用事業において新たな協業に取り組むことを発表した。商用車領域でCASE革命を加速させるための大同団結といっても過言ではないだろう。

CASE革命と電動化、次世代の自動車部品 画像
ビジネス

CASE革命と電動化、次世代の自動車部品

最新の情報によると、2020年に世界で販売された電気自動車(BEVおよびPHEV)の台数は、コロナ禍の影響を受けているにも関わらず、前年比140%の300万台を超えた。

【次世代モビリティに向けた変革のススメ】先進自動車開発の明暗を分けるポイントとは 画像
ビジネス

【次世代モビリティに向けた変革のススメ】先進自動車開発の明暗を分けるポイントとは

いま自動車開発の世界に何が起こっているのか?

100年に一度の変革とは? ソフトウェア化・プラットフォーム化の次にくるオープン化…PwCコンサルティング合同会社 川原英司氏[インタビュー] 画像
セミナー

100年に一度の変革とは? ソフトウェア化・プラットフォーム化の次にくるオープン化…PwCコンサルティング合同会社 川原英司氏[インタビュー]

自動車業界は「100年に一度の変革期」とよく言われる。しかし、変革の全体像は見えにくい。正直なところ「変革が起こっていることはなんとなく感じているが、何が変わるのか、それがどう仕事に影響するのか実感がない」状態にある人も多いだろう。

CASE革命と電動化(後編)次世代モビリティのパワートレイン 画像
テクノロジー

CASE革命と電動化(後編)次世代モビリティのパワートレイン

前編で述べたとおり、2020年台以降に普及する「次世代モビリティ」が搭載するパワートレインについて、自動車メーカーは、明確な電動化のシナリオが必要になる。

◆終了◆2/24【オンラインセミナー】モビリティ産業の構造変化の中で見直しを迫られる戦略ポジショニング 画像
セミナー

◆終了◆2/24【オンラインセミナー】モビリティ産業の構造変化の中で見直しを迫られる戦略ポジショニング

株式会社イードは、オンラインセミナー「モビリティ産業の構造変化の中で見直しを迫られる戦略ポジショニング」を2月24日(水)に開催します。

CASE革命と電動化(前編)各国・自動車メーカーのシナリオ 画像
テクノロジー

CASE革命と電動化(前編)各国・自動車メーカーのシナリオ

昨年9月の菅政権発足以来、日本国中がカーボンニュートラルに向かい動き出そうとしている中で、日本自動車工業会を代表して豊田章男会長(トヨタ自動車社長)が、ガソリン車の販売禁止および自動車の電動化の推進政策に対して苦言を呈した。

CASE、MaaS、スマートシティ2021年の傾向を日本総研に聞く…日本総研 都市・モビリティデザイングループ 船田学氏[インタビュー] 画像
セミナー

CASE、MaaS、スマートシティ2021年の傾向を日本総研に聞く…日本総研 都市・モビリティデザイングループ 船田学氏[インタビュー]

2025年から2030年のメガトレンドとされるスマートシティビジネスのトレンド、MaaSやCASEとの関係、失敗や成功要因について、日本総合研究所 リサーチ・コンサルティング部門 都市・モビリティデザイングループ部長の船田学氏に聞いた。

エニカ、スマホで開錠できる新システム導入 個人間カーシェア普及拡大へ 画像
テクノロジー

エニカ、スマホで開錠できる新システム導入 個人間カーシェア普及拡大へ

カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」を運営するDeNA SOMPO Mobilityは、個人間でシェアするクルマの鍵をスマートフォンで解錠できる「AnycaKEY(エニカキー)」を2021年3月から導入すると発表。オーナーの募集を開始した。

CASE革命と主要自動車メーカーのヴィジョン 画像
テクノロジー

CASE革命と主要自動車メーカーのヴィジョン

今月(2020年12月3日)、新聞各紙が「2030年前半にガソリン車の販売を禁止する」という、日本人にとって衝撃的なニュースを伝えた。

既存の交通とCASEを組み合わせるモビリティブレンドと「たすけいあいカー」…名古屋大学 未来社会創造機構 教授 森川高行氏[インタビュー] 画像
テクノロジー

既存の交通とCASEを組み合わせるモビリティブレンドと「たすけいあいカー」…名古屋大学 未来社会創造機構 教授 森川高行氏[インタビュー]

名古屋大学COIは、公共交通が不便な地域に住む高齢者などに向けたモビリティサービスとして、モビリティブレンドを提唱している。モビリティブレンドでは、マイカー相乗り「たすけいあいカー」やゆっくり自動運転などCASEにも挑んでいる。

ルネサス、中国・第一汽車グループのCASE対応を支援 画像
テクノロジー

ルネサス、中国・第一汽車グループのCASE対応を支援

ルネサスエレクトロニクスは12月16日、中国の第一汽車集団とともに、吉林省長春市にインテリジェント運転開発プラットフォーム共同研究所を設立したと発表した。

◆終了◆1/29【オンラインセミナー】2021年自動車業界展望~CES2021調査報告・ソフトウェア競争戦略~ 画像
セミナー

◆終了◆1/29【オンラインセミナー】2021年自動車業界展望~CES2021調査報告・ソフトウェア競争戦略~

株式会社イードは、オンラインセミナー「2021年自動車業界展望~CES2021調査報告・ソフトウェア競争戦略~」を1月29日(金)に開催します。

車載ソフトウェア開発を手掛けるミックウェアが、トヨタ自動車と資本提携 画像
ビジネス

車載ソフトウェア開発を手掛けるミックウェアが、トヨタ自動車と資本提携

株式会社ミックウェアは、同社の車載ソフトウェア開発事業の強化・発展のため、2020年12月1日付けでトヨタ自動車株式会社と資本提携を結んだ。

後付け可能なコネクトや先進運転支援機能---スマホアプリで アウディ 画像
テクノロジー

後付け可能なコネクトや先進運転支援機能---スマホアプリで アウディ

アウディ(Audi)は10月1日、新車の購入後でも、インフォテインメントや先進運転支援システム(ADAS)を後付けできるサービスを、ドイツ本国などで開始すると発表した。

    Page 1 of 1