モビリティの進化が未来を変える

CASE

「モビリティ=陸上」という固定概念を超える 無人運航船の可能性 画像
ビジネス

「モビリティ=陸上」という固定概念を超える 無人運航船の可能性

Autonomousというと、とかく自動車に目を向けがちだが、「陸上」だけではなく、「海上」でも同様のイノベーションが起きようとしている。「モビリティ=陸上」という固定概念を超えることこそが、モビリティビジネスでのDXを生み出すはずだ。

パンデミック後のシェアモビリティ市場を形作るロードマップと戦略 画像
ビジネス

パンデミック後のシェアモビリティ市場を形作るロードマップと戦略

新たな戦略、ビジネスのイノベーション、最新テクノロジーがシェアモビリティを促進することが期待される。2020年には3059.2億ドルだったその市場規模が2021年はおよそ2倍の6088.86億ドルになると予測される。

【トップインタビュー】カーボンニュートラルへの取り組みはチャンス…ヤマハ発動機 日高祥博社長 画像
ビジネス

【トップインタビュー】カーボンニュートラルへの取り組みはチャンス…ヤマハ発動機 日高祥博社長

今回、レスポンスによる日高社長への独占インタビューが実現。ヤマハが描くカーボンニュートラル時代の二輪像とは、そしてその中で見せるヤマハらしさとは。

CASEによる「国際貿易の革新」とは 画像
ビジネス

CASEによる「国際貿易の革新」とは

CASEを「自動車産業の革新」ではなく、「業界横断での進化」を牽引するキーワードと捉えることで、未来の方向性をより多角的・俯瞰的に考えられるのではないか。DXの進展を見据えるに、そういった思考の柔軟性が今まで以上に問われるはずだ。

ポルシェ、オンライン販売を世界市場に拡大…2025年までに新車販売の30%へ 画像
ビジネス

ポルシェ、オンライン販売を世界市場に拡大…2025年までに新車販売の30%へ

ポルシェ(Porsche)は8月26日、新車のオンライン販売を世界市場に拡大すると発表した。

申込締切9/27【無料・オンラインセミナー】 カーボンニュートラル・EVを中心としたCASEのグローバルメガトレンド 画像
セミナー

申込締切9/27【無料・オンラインセミナー】 カーボンニュートラル・EVを中心としたCASEのグローバルメガトレンド

株式会社イードは、オンラインセミナー「カーボンニュートラル・EVを中心としたCASEのグローバルメガトレンド」をインフィニオン テクノロジーズ ジャパン株式会社の協賛で9月29日(水)に開催します。

【次世代モビリティに向けた変革のススメ】クルマが売り切りビジネスから脱却するために必要なこと 画像
ビジネス

【次世代モビリティに向けた変革のススメ】クルマが売り切りビジネスから脱却するために必要なこと

前回まで3回にわたり、自動車開発におけるソフトウエアの重要性が高まったことによる開発プロセスの変化と、その変化に対応しきれない日本の自動車メーカーの課題を指摘。その解決に向けた方策について論じてきた。

競争軸はCASEから軽量化へ、車載用CFRP世界市場、2030年には87%増の2169億に 画像
ビジネス

競争軸はCASEから軽量化へ、車載用CFRP世界市場、2030年には87%増の2169億に

矢野経済研究所は、車載用CFRP(炭素繊維強化プラスチック)の世界市場を調査し、成形法別、エリア別、採用部位別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。

C.A.S.E.の融合が迫るなか、新たなプラットフォーム・アーキテクチャ戦略を熟考する自動車メーカー 画像
ビジネス

C.A.S.E.の融合が迫るなか、新たなプラットフォーム・アーキテクチャ戦略を熟考する自動車メーカー

フロスト&サリバンは、従来型プラットフォーム、マルチエネルギー・プラットフォーム(MEP)、EVプラットフォームの3つの異なるプラットフォームの存在を特定した。

日光MaaS、環境省「自動車 CASE 活用による脱炭素型地域交通モデル構築支援事業」として採択 画像
ビジネス

日光MaaS、環境省「自動車 CASE 活用による脱炭素型地域交通モデル構築支援事業」として採択

国内初の環境配慮型・観光MaaS(仮称:日光MaaS)が、環境省「自動車 CASE 活用による脱炭素型地域交通モデル構築支援事業」として採択された。

自動運転AIチャレンジ、オンラインで開催 11-12月 画像
ビジネス

自動運転AIチャレンジ、オンラインで開催 11-12月

自動車技術会は7月6日、2021年11月~12月にオンラインで第3回自動運転AIチャレンジを開催すると発表した。

CASE革命とスマートシティ、次世代モビリティの市場展望(後編) 画像
ビジネス

CASE革命とスマートシティ、次世代モビリティの市場展望(後編)

移動サービスと自動車産業の未来

「モビリティ業界の破壊と再構築」インテリジェントモビリティサミット開催 7月14-15日 画像
セミナー

「モビリティ業界の破壊と再構築」インテリジェントモビリティサミット開催 7月14-15日

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト&サリバンは、バーチャルサミット「インテリジェントモビリティサミット2021」を7月14日・15日の2日間に渡り開催する。

CASE革命とスマートシティ、次世代モビリティの市場展望(前編) 画像
ビジネス

CASE革命とスマートシティ、次世代モビリティの市場展望(前編)

今回は、次世代モビリティの市場展望とCASE革命の最終章として、S:シェアリング&サービスについて深掘りをしつつ、「自動車メーカーが都市開発!?」一見領域外に思えるこの取り組みの必然性について考察してみたい。

【次世代モビリティに向けた変革のススメ】いま必要なのは現状認識とトップの決断。日系メーカーに残された切り札とは? 画像
ビジネス

【次世代モビリティに向けた変革のススメ】いま必要なのは現状認識とトップの決断。日系メーカーに残された切り札とは?

自動車開発の“主戦場”は、やがてハードウエアからソフトウエアに移る。もちろん遠い未来の話ではない。すでに起こりはじめている「いま」の話だ。

CASE革命と自動運転(後編) 画像
ビジネス

CASE革命と自動運転(後編)

昨年来コロナ禍の影響を受け、世界の半導体市場における需給バランスが崩れている。また、半導体大手ルネサスエレクトロニクスの工場火災が、自動車産業における今般の半導体不足に拍車をかけた。

CASE革命と自動運転(前編) 画像
テクノロジー

CASE革命と自動運転(前編)

「ホンダが世界初の自動運転レベル3を市販化」このニュースは昨年の12月に発信されたものであるが、さほど話題にもならず、他の話題に消される事となってしまった。

モビリティが本当に必要なのは誰? パーソナライズ化の鍵は汎用性にある 画像
ビジネス

モビリティが本当に必要なのは誰? パーソナライズ化の鍵は汎用性にある

モビリティで移動はさらに便利になる

【次世代モビリティに向けた変革のススメ】日本の完成車メーカーが直面する真の課題 画像
ビジネス

【次世代モビリティに向けた変革のススメ】日本の完成車メーカーが直面する真の課題

本連載では、CASE(コネクティッド化、自動運転化、シェアリング/サービス化、電動化)へと舵を切った自動車業界が抱える課題とその先に待ち構える未来について、自動車産業領域を担当するアクセンチュアのスペシャリストたちが語る。

CASE時代の自動車サプライチェーン(後編) 画像
ビジネス

CASE時代の自動車サプライチェーン(後編)

自動車の調達・生産プロセスは車体構造の変化だけに影響を受けるわけではない。シェアリングによる使い方の変化にも注視すべきである。

  1. 1
  2. 2
Page 1 of 2